→ → 6コアのハイパワーCPU搭載「Dynabook GZ」が在庫納入しました ← ←

Lenovo

スポンサーリンク
デスクトップ一体型

Lenovoの一体型デスクトップ、Ideacentre AIO 540 全ラインナップ

デスクトップの広い画面で使いやすさを求めればお値段は上がりがち。しかし、予算を10万円までに抑えて買えないかと訊かれることはよくあります。今回はそうした人にオススメしたい「Lenovo IdeaCentre AIO 540」のご紹介です。
13と14インチ

Lenovoのフラグシップモデル、ThinkPad X1 Carbonという名機

19時間超えロングバッテリー、Thunderbolt3を2つ標準装備。画面は4K選択可能の14インチ。最大2TBのPCIe。CPUはモバイル最強「i7-10710U」選択可能。加えてLTEも。 今回はLenovo最高峰の名機をご紹介します。
13と14インチ

LenovoのC340はタッチパネルを生かした格安優良モデル

「S340」の兄弟機種になります。もっとも「S540」とは違い、タッチパネルが付いたという意味での同系機種です。そして、Lenovoならではの安さもピカ一。何しろ最新の「Surface Pro7」の半額近くで手に入るのですから。
13と14インチ

Lenovoで最も売れているIdeapadの14インチ「S540」の全ラインナップ

前回書いた「S340」の兄弟機種になります。一歩、上を行く機能、性能は安価PCならざる満足感を提供してくれることでしょう。何しろ、安いということは内部性能を上げやすくなりますから、それだけ高性能を手にいれやすいと換言できます。
13と14インチ

Lenovoの最良コスパ王道パソコンIdeapad「S340」の全ラインナップ

全メーカー通して見ると、およそ最安でありながら、高い性能を併せ持つLenovoの「S340」シリーズ。「パソコンにお金はかけたくない。でも遅い機体は嫌…」そんな人はこのシリーズをいかがでしょうか。お値段4~5万円前後からオススメです。
15インチ以上

LenovoのThinkPad、15インチモデルなら「E580」「E595」でお安く手堅く

ThinkPadの代表的な15インチノートと言えば、「E580」と「E595」です。「IdeaPadにするのは抵抗あるけど、TinkPadなら…」そう思う方には、こちらはいかがでしょう。ご自宅や事務所などでの軽作業に向いています。
PC知識全般

Lenovoは危険? レノボパソコンの保証や特長、購入する前に読む記事

Lenovoという巨大メーカーの特徴をまとめてみました。今までの歴史や、レノボパソコンの種類、保証の強さなど。特に、スパイウェアの黒歴史などは購入前に見て頂き、リスクを把握しておくのが良い内容となっています。
スポンサーリンク