→ → モバイル機ならバランスの取れた dynabook GZシリーズが売れてます ← ←

スポンサーリンク
13と14インチ

Microsoftの「Surface Laptop 3(2019年)」価格全比較表

「Surfaceの美しさを気にっていてもタブレットにする必要はない」そう感じた人はLaptopシリーズ2019年最新版の「Laptop3」はいかがでしょうか。アルカンターラも捨てがたいですが、メタル素材のシャープな美しさもオススメです。
13インチ未満

Microsoftの「Surface Pro 7(2019年)」価格全比較表

高感度、高精細なタッチパネル。タブレット形式でも高いグラフィック性能を備えたIrisシステム。「Surface Pro 7」は多くのクリエイター達を支えられるサブ機となります。今回はそうした活躍を期待される「Pro 7」をご紹介します。
15インチ以上

Dynabookの軽量15インチ「ZZ75/L」を「LG gram」と比較してみた

15インチの軽量モデルの筆頭といえばLG gramの「15Z990」シリーズですが、Dynabookの「ZZ75/L」は性能重視の軽量15インチを目指しました。DynaBookとLG gramはどのような違いがあるのか。比較してみました。
スポンサーリンク
15インチ以上

Dynabook(旧東芝)BTOのAZ45、65の後継、Kナンバーのご紹介

「AZ45G、65G」の後継として出てきたKナンバーのご紹介です。ローエンドの25を除いた発表となり、上位モデルのみGと平行しての販売が続きます。オプテインメモリやPCIe接続のSSDを搭載した15インチなら、Kナンバーがおススメです。
PC周辺機器

Orbital2のレビュー、アルパカ風Excel用プロファイル

誰もが使うExcelですが、不便な操作も多いもの。そこで、無駄な操作と時間を削減できるツールを紹介します。元々はクリエイター向けに開発された「Orbital2」をExcelで使えるよう設定してみました。作業を短縮し、価値ある時間をあなたに。
ハードウェア

「Orbital2」の購入とアルパカ風プロファイルの入手方法

「Orbital2」を最もお得に手にする購入方法のご案内ページです。他サイトでは手に入らないプロファイルを手に入れる方法と併せてご紹介します。ぜひ、ご活用下さいませ。
PC知識+α

【特別掲載記事】台風19号の上陸に伴い、防災という観点から

台風19号だけでなく、今後のことを考えれば、防災への備えを考えておく必要があります。防災グッズとして電気への対応を効率的にできないか考えてみました。コスパ良く揃えるには何が必要なのか。どうやってパソコンバッテリーを長持ちさせるのかなど。
13と14インチ

NECの「LAVIE Pro Mobile(Direct PM)」を比較、解説してみた

名機、と呼ばれるものはほんの一握りだけです。約783gからの組み合わせ、最長20時間駆動。何より打感の素晴らしさは、仕事や勉強に打ち込む人にとって最高のツールとなってくれることでしょう。今回はそんな最高の一台をご紹介します。
スポンサーリンク