→ → モバイル機なら完成度の高いNECの「LAVIE Direct PM」が売れてます ← ←

ノートパソコン

スポンサーリンク
15インチ以上

DynaBook(旧東芝)パソコンBTOの15インチ、EZ35/Pシリーズ

今回ご紹介する「EZ35/P」は、今までにあった「AZ35」及び「EZ35/L」の後継機種にあたります。 もっとも、外観や性能が多少良くなった程度で大幅な違いではありません。 そのため、基本性能や機能の説明は前回と同様にしていま...
15インチ以上

DynabookのCZ45/Lは今が旬のスタンダード15型パソコン

新型コロナウィルスの影響により、各メーカーはことごとく在庫切れ。注文できても、納期は極端に長めです。中には数ヶ月待ちも。しかし、2020年2月26日発表の「CZ45/L」は最短納期でお届け可能。今回はお急ぎの方にオススメの記事になります。
13と14インチ

Lenovoのフラグシップモデル、ThinkPad X1 Carbonという名機

19時間超えロングバッテリー、Thunderbolt3を2つ標準装備。画面は4K選択可能の14インチ。最大2TBのPCIe。CPUはモバイル最強「i7-10710U」選択可能。加えてLTEも。 今回はLenovo最高峰の名機をご紹介します。
スポンサーリンク
13と14インチ

LenovoのC340はタッチパネルを生かした格安優良モデル

「S340」の兄弟機種になります。もっとも「S540」とは違い、タッチパネルが付いたという意味での同系機種です。そして、Lenovoならではの安さもピカ一。何しろ最新の「Surface Pro7」の半額近くで手に入るのですから。
13と14インチ

新型Dynabook G(GZ)の2020年春モデル、6コアの Comet Lake 搭載

2020年の春、筆頭の売れ筋となりそうな新しいdynabook G(GZ)が販売を開始しました。旧東芝改め、dynabook株式会社が搭載した新しいCPUはいよいよ6コア。軽量ながらハイパワー、それでいて長時間が欲しい人には断然オススメです。
13と14インチ

Lenovoで最も売れているIdeapadの14インチ「S540」の全ラインナップ

前回書いた「S340」の兄弟機種になります。一歩、上を行く機能、性能は安価PCならざる満足感を提供してくれることでしょう。何しろ、安いということは内部性能を上げやすくなりますから、それだけ高性能を手にいれやすいと換言できます。
13と14インチ

Lenovoの最良コスパ王道パソコンIdeapad「S340」の全ラインナップ

全メーカー通して見ると、およそ最安でありながら、高い性能を併せ持つLenovoの「S340」シリーズ。「パソコンにお金はかけたくない。でも遅い機体は嫌…」そんな人はこのシリーズをいかがでしょうか。お値段4~5万円前後からオススメです。
15インチ以上

LenovoのThinkPad、15インチモデルなら「E580」「E595」でお安く手堅く

ThinkPadの代表的な15インチノートと言えば、「E580」と「E595」です。「IdeaPadにするのは抵抗あるけど、TinkPadなら…」そう思う方には、こちらはいかがでしょう。ご自宅や事務所などでの軽作業に向いています。
スポンサーリンク