→ → ALPACAのオススメパソコンランキング in 2020 ← ←

製品情報

スポンサーリンク
13と14インチ

DynaBookのタブレット型パソコン「DZ83(D7)」をSurfaceやA12と比較

東芝として出してきた最後の機体「dynabook D7(DZシリーズ)」。ほとんどの人が見ないまま年をまたいだ2019年、いよいよ発売開始です。2in1の人気機種、Surfaceと「A12」を横並びにして比べながらご紹介してみます。
13と14インチ

「dynabook G」ダイナブックのお勧めパソコンはシャープのIGZO搭載

旧東芝改め、dynabook株式会社はシャープ傘下でパソコン事業を継続することになりました。鴻海(ホンハイ)の物流とシャープの得意分野である液晶がdynabookに加わるとどうなるか…。30周年に相応しいG(GZ)シリーズをご紹介します。
13インチ未満

VAIOのA12「Core i5-8200Y」でクリップスタジオの動作確認をしてみた

先日、ご紹介していたタブレット型2in1パソコン、「A12」を使って動作確認をしてみましたので、そのレポートを兼ねて記事にしたいと思います。 記事といっても、今回は動画がメインです。 クリップスタジオによる画像の加工編集は重...
スポンサーリンク
製品情報

VAIOのBTO・各機種で選べる共通サービス解説

VAIOがSONYを離れて得たもの。それは実戦レベルで使いやすい機種と、それによる法人でのシェアでした。個人向けであっても、他社には見られない特徴は選択肢にも出ています。こちらでは、各機種に共通した選択肢を中心にご説明しています。
13インチ未満

VAIOのBTO・タブレット型2in1パソコン、A12価格と性能

去年の秋に「A12」が出てきた時には、値段が高すぎて、誰もが人気機種になるとは思っていませんでした。しかし実際に使って頂くと、実に使いやすかったのです。納期遅れが生じるほどの注文が入り続けた「A12」の魅力に迫ります。
13と14インチ

VAIOのBTO・モバイルパソコンS11、S13価格と性能の比較

S11とS13。VAIOの中で、常に安定して売れ続けている二枚看板とも言える人気機種達です。「VAIOでモバイルを」と決めていても迷う人が多いのではないでしょうか。機能や性能の選択肢から、二つの機種の比較箇所などをまとめてみました。
製品情報

【PC・BTO】富士通PCのラインナップと追加オプションのまとめ

富士通の技術力は数多くのラインナップを見せてくれますが、それぞれに合う追加オプションも用意されています。Maid in Japanが織り成す使いやすい一品に、一工夫加えるアイテムをぜひお役立て下さい。
デスクトップタワー型

富士通BTO・タワー型デスクトップの価格と性能・解説付き

今時にしてはタワー型パソコンは古いと思うでしょうか。否、そんなことはありません。いつの時代にもハイパワーと拡張性はお役に立つのです。オシャレにスマートな一体型にはない魅力が、僅か10センチ幅の無骨な機体に詰まっているのです。
スポンサーリンク