→ → モバイル機ならバランスの取れた dynabook GZシリーズが売れてます ← ←

製品情報

パソコンの購入に直接関わる情報、またはそのもののページへ繋がる記事です。具体的なメーカー選びやお勧めの性能の組み合わせなど。

スポンサーリンク
13と14インチ

NECの「LAVIE Pro Mobile(Direct PM)」を比較、解説してみた

名機、と呼ばれるものはほんの一握りだけです。約783gからの組み合わせ、最長20時間駆動。何より打感の素晴らしさは、仕事や勉強に打ち込む人にとって最高のツールとなってくれることでしょう。今回はそんな最高の一台をご紹介します。
13インチ未満

10万円以下から買える、NECの「LAVIE Note Mobile(Direct NM)」のご紹介

「LAVIE Direct NM(店頭モデルではLAVIE Note Mobile)」が、売れてます。学生の声を取り入れて造られたというだけあって、リーズナブルな価格設定は多くの人に好まれました。今回の記事では、その人気の理由に迫ります。
13と14インチ

「RZ53」をDVDドライブ付きモバイル同士で比較してみたら

DynabookがRZ73や83の後継として出してきたRZ53シリーズ。重さ1.4kgでも敢えて残したこのラインナップは、一部の人達にとって必要なものでした。時代に逆行するような、ドライブ付きモデルがなぜ必要とされるのか、をご紹介します。
スポンサーリンク
13と14インチ

メイプルストーリー等の軽いゲーム向け割安パソコン

『メイプルストーリー』この長寿MMOを楽しむために必要なパソコン性能は、あまり高くありません。しかし続編では3Dにもなりました。その辺りも視野に入れて、安く済ませてお得に買うなら? 今回は軽量ゲームにお勧めな割安PCをご紹介してみました。
PC周辺機器

著作権問題について考えた、漫画村や代わりになるサイトのまとめ

前回、タブレットの説明をしたので、今回はKindleもご紹介します。ただ、いつにも増してリッピングソフトの記事から反応がありましたので、著作権絡みのお話も少しだけ。今、話題になっている漫画村の代わりになりそうなサイトも合わせてご紹介します。
タブレット

本当に良い家電を買うには? 格安タブレットBLUEDOTを選んだ理由

Amazonで売れているタブレット上位30位までを比較して、最適な一台を選ぶまでの流れを記事にしてみました。
15インチ以上

VAIOの新パソコン、S15(2019年モデル:VJS1531)がおすすめ

VAIOが出してきた新型15インチは、今まで以上にハイエンド志向でした。一般のご家庭には高尚すぎるでしょうか? いいえ。濃密な時間を過ごす大人にだけ許された贅沢に必要なもの。そんな大切な時間を共に過ごす、新しいS15をご紹介します。
15インチ以上

Dynabook(旧東芝)BTOパソコンAZ25G、45G、65Gの全ラインナップ

DynaBookの「PAZ25、45、65」シリーズの2019年前半での最新モデルをご紹介します。2018年夏モデルと書いてあってもOfficeを積み替えた2019年版です。前回に引き続き、T75と近似価格で性能も画質もアップできます。
スポンサーリンク