→ → モバイル機ならバランスの取れた dynabook GZシリーズが売れてます ← ←

製品情報

パソコンの購入に直接関わる情報、またはそのもののページへ繋がる記事です。具体的なメーカー選びやお勧めの性能の組み合わせなど。

スポンサーリンク
13と14インチ

DynaBook(旧東芝)のBTO「UZ63シリーズ」は絶妙な打ち心地

旧東芝時代の最終期に設計され、シャープ傘下になってEGZOパネルを組み入れた「UZ63シリーズ」。「GZシリーズ」の影に隠れてしまう脇役ですが、打感の良さやThunderbolt 3など、「UZ63」にしかない良さがあります。
13インチ未満

「Surface Pro 7」と「Orbital2」を使ってクリスタで絵を描いてみた

「Surface Pro 7」と「Orbital2」を使ってイラストを描いてみました。次世代の便利グッズを組み合わせたら、どうなるか? 第10世代CPUのIrisシステムの能力を、数値からでは分からない部分も含めてレビューしてみました。
15インチ以上

DynaBook(旧東芝)パソコンBTOの15インチ、EZ15、35、55シリーズ

国内パソコンの中では、ほぼ最安と言われているDynaBookのEZ15、35、55というシリーズ。地味な黒一色、光沢のないノングレアであれば、それでも使いやすい性能は格安で手に入ります。法人の人がまとめ買いなどでも定番モデルです。
スポンサーリンク
13と14インチ

Microsoftの「Surface Laptop 3(2019年)」価格全比較表

「Surfaceの美しさを気にっていてもタブレットにする必要はない」そう感じた人はLaptopシリーズ2019年最新版の「Laptop3」はいかがでしょうか。アルカンターラも捨てがたいですが、メタル素材のシャープな美しさもオススメです。
13インチ未満

Microsoftの「Surface Pro 7(2019年)」価格全比較表

高感度、高精細なタッチパネル。タブレット形式でも高いグラフィック性能を備えたIrisシステム。「Surface Pro 7」は多くのクリエイター達を支えられるサブ機となります。今回はそうした活躍を期待される「Pro 7」をご紹介します。
15インチ以上

Dynabookの軽量15インチ「ZZ75/L」を「LG gram」と比較してみた

15インチの軽量モデルの筆頭といえばLG gramの「15Z990」シリーズですが、Dynabookの「ZZ75/L」は性能重視の軽量15インチを目指しました。DynaBookとLG gramはどのような違いがあるのか。比較してみました。
15インチ以上

Dynabook(旧東芝)BTOのAZ45、65の後継、Kナンバーのご紹介

「AZ45G、65G」の後継として出てきたKナンバーのご紹介です。ローエンドの25を除いた発表となり、上位モデルのみGと平行しての販売が続きます。オプテインメモリやPCIe接続のSSDを搭載した15インチなら、Kナンバーがおススメです。
13と14インチ

NECの「LAVIE Pro Mobile(Direct PM)」を比較、解説してみた

名機、と呼ばれるものはほんの一握りだけです。約783gからの組み合わせ、最長20時間駆動。何より打感の素晴らしさは、仕事や勉強に打ち込む人にとって最高のツールとなってくれることでしょう。今回はそんな最高の一台をご紹介します。
スポンサーリンク