→ → デジ絵を描くならコスパ優良のペン付き「Flex 550(14)」← ←

強力Ryzenシリーズ搭載、NEC「LAVIE Direct N15」の全ラインナップ

15インチ以上 製品情報

「NECの新しく出てきた15インチパソコンが凄いらしい」

そう言う声がちらほら聞こえてきました。

それもその筈、2020年夏時点では国内メーカーでは最も高い処理能力を持つプロセッサーを搭載しています。

今回は、2020年7月8日にリリースされたばかりの「LAVIE N15(Direct N15)」をご紹介します。

※カタログモデル(店頭モデル)の「LAVIE N15」も直販の「LAVIE Direct N15」と同じ構造をしています。性能を選ぶ幅の広さから、当サイトでは直販モデルの「LAVIE Direct N15」をオススメしています。

「LAVIE Direct N15」の全ラインナップ

「LAVIE Direct N15」の外観と特長

四色構成の選べる色合い

構成内容により選べない色合いもありますが、定番どころとなるミドルクラスでは全色が選べるよう整えられています。

N15・パールホワイト

N15・パールブラック

N15・カームレッド

N15・ネイビーブルー

 

「LAVIE Direct N15」のキーボード

ほとんどの方はお好みの色合いで選ばれますが、もし、色合いにこだわりがなく、キーボードがハーフブラインドで打たれる方は「カームレッド」または「ネイビーブルー」をオススメします。

周辺視野でなんとなく手元を見た時に、キートップと、その下の本体色が違うほど見やすく、タイプミスを防げるからです。

「LAVIE Direct N15」のキーボード

Enterキーが広めになっているのは、多くの日本人が日本語の確定、改行時に打ちやすくて良いです。

また、リフトアップヒンジはVAIOから他のメーカーへと広がった流行スタイルですが、こちらもそのようになっています。

キートップの窪み、静音設計など(実際に打っても音はほとんどしませんでした)、色々と気を使っている設計です。

実は、これより以前のシリーズはNECがLenovo傘下になった2011年以降、ずっとLenovo側の設計が入っていたのですが、今回からNEC側の設計に戻したそうです。

だからなんだと言われればそれまでですが、旧来のNECの使いやすさを知る人にとっては、かつての細やかな設計思想が戻ることを願っている人もいると思います。また、その方が安心感があっていいですね。

注意:N15はEnterキー近くの特殊キーの大きさが他と同じ
これは人により意見が分かれるかもしれませんが、少なくとも、矢印キーとその上(右側)のShiftキーの大きさは変えて欲しかった部分です。大きさを変えることによって、指の感覚だけで打つ人にとっては配置を把握しやすくなるためです。矢印キ-の配列が逆T字になっていても、のキー、Shiftキーで埋まってしまっているのは残念だと思う人は一定数いらっしゃると思います。どこまでこだわるかの話なので、気にしない人にとっては欠点たりえませんが、念のため記載しておきます。

 

全体的なデザイン

今時のモデルらしく狭額縁となってスタイリッシュな印象を受けます。

N15の狭額縁でスマートな外観

旧来の15インチ下位モデルのNSシリーズと比較すると以下のようになります。

NEC「LAVIE Direct N15」のベゼル比較

NSシリーズのベゼル全てが太いわけではないのですが、特に安価モデルは太目になっていることが多いので、そうしたものと比べると、約半分。横幅で約8mmほどシェイプアップされました。無駄な面積がなくなるとすっきりしていてスポーティな印象になります。

N15のプライバシーシャッター

また、N15にはLenovoで言うところのThinkシャッターと同様のプライバシーシャッターが標準搭載されています。

カメラアイ中央に赤い点が付くとガードされている証。

オンオフの切替えが楽にできますし、切り替えていない時には赤い点があるかないかで見分けが付きやすいので便利です。

「LAVIE Direct N15」のディスクドライブは右から

ディスクドライブは右側から。

置き場所は右側に余裕がある方が使いやすくなります。

NEC「LAVIE Direct N15」の四角AC接続口

NEC「LAVIE Direct N15」のACアダプタ予備選択画面

また、電源の接続口はちょっと懐かしい長方形のNEC独自の形状です。これはかつての「Hybrid ZERO」と同じ45Wですね。

気を付けて頂きたいのは、この手の独自口だと、購入後にACアダプタの予備が必要になった時に近くの量販店で買いに行っても、品揃えの悪い店だと見つからなかったりします。

純正パーツですと、ダイレクトの構成選択画面の下の方に上図のような「PC-VP-BP98」が10,000円で選べるようになっています。必要な方は一緒にどうぞ。

もし、安く買いたい人は実はAmazonでも格安で売っています。ただし、動作保証は取れていませんので、自己責任で。

 

「LAVIE Direct N15」の接続口

インターフェイスとしては左側にだけUSB端子が2つ。他、Type-CやHDMIなど、標準的なものは一通り搭載しています。

右側

「LAVIE Direct N15」の右側の接続口

*1:「ブルーレイディスクドライブ」選択時のみ。

左側

「LAVIE Direct N15」の左側の接続口

*1カスタマイズモデルの「Pentium、Celeron搭載モデル」ではUSB 3.0 Type-C コネクタになります。

注意:VGA端子とSDカードスロットがない
N15には古いモニターの接続口であるVGA端子(D-Sub15ピンmini)とSDカードのスロットはありません。カメラからSDカードを介してデータをやりとりする時には、オンラインで送るか別売りのカードスロットが必要になります。

オススメとしてはこの辺り。

 

「LAVIE Direct N15」のワンタッチスタートボタンが地味に便利

NECが旧来から付けていた機能ですが、電源ボタン横にあるワンタッチスタートボタンが便利です。

これは、LenovoでいうところのF12キーなどに配置されている★印機能のことですが、アプリの立ち上げや、好きな機能を割り当てることができます。

「LAVIE Direct N15」のワンタッチスタートボタン

常日頃、使う機能はスタートメニューやタスクバーに設定している人は多いと思いますが、それ以外で「たまに使うけどタスクバーやスタートメニューはもう一杯だから、あまり設定したくない」などという時に役立ってくれます。

 

※価格は全て税込、送料込みの表記です。
2020年7月29日現在の価格にて表示しています。

 

AMD構成だとOptaneメモリーの選択肢はありません。

その代わり、CPUの処理能力が高いので、そのままでIntel側の構成を凌駕します。というより、Intel側が能力が足りなくなってきたから、Optaneメモリーが必要になったと言うべきでしょうか。

見て頂くとお分かり頂く通り、Ryzen側は3、5、Extreme Editionのそれぞれに大きな価格差はありません。

ただ、Ryzenシリーズの始まりの価格は15%引きクーポンを使っても12万円台から。その下の安価モデルは6万円台からと急激に間が空いています。その間を埋めるのがIntel側といった位置づけで設定されています。

 

「LAVIE Direct N15」のCPU性能

N15で選べるCPUは次の通り。

– Intel –

Celeron 5205U
Pentium Gold 6405U
Core i3-10110U
Core i5-10210U
Core i7-10510U

– AMD –

AMD 3020e
Athlon Silver 3050U
Ryzen 5 4500U
Ryzen 7 4700U
Ryzen 7 Extreme Edition

CPUの性能を序列で並べると以下のようになります。

今回、初登場となった「Ryzen 7 Extreme Edition」はAMDとNECの共同開発されたモバイル向けメーカー専用APUです。

まだ公式ページにもないので、不明瞭なところが多いのですが、こちらで計測したR20の数値(マルチ)では 3,000弱といったところ。計測によっては3,300を超えるようなので、いずれ平均的な数値に修正予定です(PassMarkはあくまでも予測値でしか分からなかったので緑色にしています)。

NECの機体だけあって、ここまでハイパワーを必要な人が買うのか、という話もありますが、むしろゲーマーや動画の編集など、専門的な使い方をする人はグラフィックカードを搭載している海外メーカーを選びます。

逆を言えば、国内メーカーはCPUの中に入っているオンボードグラフィックだけでいかに使い勝手を良くするか、という部分に集約されます。

つまるところ、戦う土壌がハイパワーPC達とは異なるので、そういったカテゴライズの中で言うなら、この「Ryzen 7 Extreme Edition」は先日X13の記事でご紹介した「AMD Ryzen 7 PRO 4750U」と並んで2020年7月時点での最高性能と言えます。

3Dの描写を表す数値でしか実測で見れていませんが、8コアでガシガシR20の描写をしていくのを見るのは壮観でした。

数値的には、この時点でXeon X5650を超えています。

ちなみに言ってしまうと、この記事をアップする時点で「Ryzen 7 Extreme Edition」は品切れ状態。リリース直後に注文が予想を超えて入ったそうです。それもそのはずで、Ryzenシリーズは価格設定が小刻みなので僅かな価格差であれば最高性能にしておこう、とするのは当然でしょう。何しろ、Office抜きで14万円以下から購入できるのですから。

もちろん、最も多くの人がお買い求めになる一般事務向け、ご家庭の普段使い向けで考えるならPassMark理論値は8,000もあればすこぶる快適です。本音を言ってしまえば「Core i3-10110U」でも調べもの、簡単な写真や音楽の加工編集して年賀状に張り付けて印刷、OfficeソフトでExcelの複雑な関数計算させるくらいは全く問題はありません。

ただ、2年後、3年後に速度が低下した時、余裕をみた性能で買っておくと動きの良さが大幅に変わります。

長く快適な期間を少しでも長めにしておくのなら、少しでも性能の良いものを買っておくのは損な買い方ではありません。

あとはお財布事情とのご相談です。

予算的な問題で「Athlon Silver 3050U」あたりでPassMark 3,000前後だとどうなんだろう、と訊かれることもありますが、あまりオススメしずらいです。

先に挙げたような簡単な使い方ならできないことはありませんが、快適さは損なわれ一つ一つの作業に時間はかかりやすくなります。それでもSSDにしておけば、それなりの動きにはなるので、簡単な作業に終始するなら選択肢としてはあり。ただし、メモリは8GBを選んでおきましょう。

集約した説明をすると上記の通りでしょうか。

「今までもNECだったから、今回もNECにしてみよう」

そうお考えの方はご自身の使い方に合わせてお選び下さい。

 

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
シェアする
パソコン選びのコツ

コメント