→ → 新生活にオススメのモバイルPC in 2022 ← ←

ブルーレイ付きオールインワン、dynabook AZ/HV シリーズ 全ラインナップ

15インチ以上16:9 液晶国内PCメーカー製品情報

下火になりましたが、今もディスクドライブ付きが絶対条件でA4ノートを探されている方は、けっこういらっしゃいます。

今回はそんな方にオススメしたい「dynabook AZ/HVシリーズ」をご紹介します。

「COCORO MEMBERS」とは
「COCORO MEMBERS」とは
Dynabookの親会社となる、シャープの会員登録のことです。
〈登録するだけで大幅に値段が下がります〉
かつては東芝の会員登録として「Room DynaBook(旧Room1048)」が、同じ役目を負っていましたが、Dynabook自体が東芝からシャープの傘下に入ったことにより、登録作業もシャープのものに変更されました。
年会費も維持費もかかりません。当サイトに表示しているダイレクトモデルの値段は、全て会員登録後の価格になっています。
「東芝Direct」から「DynaBook Direct」への表示変更について
「東芝Direct」から「DynaBook Direct」への表示変更について
2019年以降、名称が「東芝ダイレクト」からシャープ傘下の「Dynabook Direct」に正式変更となっています。
基本的なサービス、連絡先、製品内容は何も変わりません。
ただ、値段を下げるための会員登録システムは「Room DynaBook(旧Room1048)」から「COCORO MEMBERS」へ変更となっています。
ご注意点:カタログモデルとダイレクト(BTO)価格について
カタログモデルとダイレクト(BTO)について
カタログモデルは、別名店頭モデルとも呼ばれ、家電量販店での販売用にカタログに記載されたものです。これに対し、ダイレクトモデルとは、メーカーから直販サイトを通して買うPCのことです。カタログモデルは代表的な性能のみ販売され、ダイレクトモデルは幅広い組み合わせが対応可能です。ただし、ネットを通じて買うので、手元に届くまで時間がかかります。価格は時期により変動するので、どちらの方が安いとは言えません。ただ、ダイレクトモデルでなければ手に入らない性能が多いため、総じてダイレクトをオススメすることが多いです。
法人様のご購入(領収書)について
法人様のご購入(領収書)について
法人名義でダイレクトモデルをご購入される場合、特に領収書が発行されるかどうかを気にされる方が多いと思います。
多くの直販パソコンでは、領収書代わりとして使用できる証明書を発行しています。
ダイナブック(旧東芝ダイレクト)も「出荷納品証明書」というのを商品と一緒に送付できます。
こちらをクレジットカードの明細書などと一緒にすれば、ほとんどの会計処理は通ります。
手順としては、注文完了後に出てくる受注番号を「DynaBookあんしんサポート」に連絡して、そのように希望を伝えれば良いだけですので簡単です。
どうしても「領収書」でなければいけない場合。
支払い方法をコンビニ払いなどにして頂ければ、支払ったコンビニ店の領収書として受け取ることができます。
また、法人窓口からご購入いただけると、支払い方法が「カード一回払い、または銀行振り込み」のどちらかしか受け付けられませんが、それで問題がなければdynabook(株)発行の「領収書」を出してもらうこともできるようになっています。

こちらはDynabookから「特別価格の限定販売会場」への入り口になります♪

dynabook direct の特別会場から買うと、最大で13,200円引きになるキャンペーンを実施中です。

キャンペーンは2022年9月30日17:00まで。
残りあと 44日です。


加えまして「期間限定のタイムセール」が始まっています♪

商品を選んでカートイン + ココロメンバーズに会員登録ログイン状態でお値引きが発生します。

ココロメンバーズはDynabookDirectでのお買い物では誰でも登録、ログインしますので、つまりは普通に買い物するだけで自動的にお値引きが効くということです。お値引きの金額は商品によりまちまちですが、中には13,200円の大幅値引きになるものも。

詳しくは以下のバナーからご確認下さい。

キャンペーンは2022年8月29日まで。

残りあと 12日です!

※今回、アルパカが調べたのは Core i7-1260P を搭載した W6AZHV7CBG になります。

 

「dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」の特長

位置付けと特長

・ご家庭向けのスタンダードノート、ディスクドライブ付き筐体。

・両機種共通 プロセッサーが第12世代Core『アルダーレイク(Alder Lake)』Pプロセッサー搭載。

・両機種共通 sRGBカバー率100%クラスの綺麗な液晶。AQUOSとの親和性が高い。

ご家庭向けのスタンダードノート、ブルーレイディスクドライブ付き筐体。

最近ではドライブ付きが少なくなりました。需要としては下火でも必要な人にとっては貴重なシリーズです。

特に「dynabook AZ/HVシリーズ」では、DVDに加えてブルーレイまで搭載しているので、綺麗な液晶と合わせて動画を楽しみたい人に合っています。

外付けの場合、レスポンスが遅れたり机の場所を取られるのが面倒だったりと不便ですので、目安として週に一回以上ディスクドライブを使う頻度があるかどうか。あるようならドライブ付きのAZかBZを。DVDまでならBZ、ブルーレイも含むなら今回ご紹介するAZを。

ドライブ不要で重たい処理をしないならPZ、性能重視ならCZ、という切り分け方です。ちなみに、AZとCZはカラーリングが違うものの、形状はほとんど同じです。

dynabook A4ノート・2022年モデル比較表
AZ BZ CZ PZ
処理性能 P:高い U:普通 P:高い U:普通
ディスクドライブ ブルーレイ DVD なし なし
ゴールド ブラック シルバー
ゴールド×ブラック
ブラック

 

両機種共通 プロセッサーが第12世代Core『アルダーレイク(Alder Lake)』Pプロセッサー搭載。

今回、2022年モデルでは、PZ及びBZは第12世代Core『アルダーレイク(Alder Lake)』Pプロセッサー搭載となりました。

TDP(熱設計消費電力) コア数
Pプロセッサ
(ハイスペックモバイル向け)
28W P-core:4
E-core:8
Uプロセッサ
(低消費電力モバイル向け)
15W P-core:2
E-core:8

電力を計算力に変換する特性上、性能序列の通りに消費電力も決まります。

電気代が高くなってきている昨今、いかにランニングコストを抑えて使うかを考えればHよりP、PよりUとなります。

もっとも、ここでTDPが13Wしか違わず、電気代が上がったといっても月額で100円程度なら性能を優先した方が良いという人は少なくないと思います。そうした人にはオススメの性能です。

第12世代Core『アルダーレイク(Alder Lake)』はそれまでの第11世代Core『タイガーレイク(TigerLake)』から特性そのものが変わり、単純に早くなったというのではなく、得意、不得意も変わりました。身近な処理で一番大きな恩恵はExcelだと思います。

また、計測を続けるたび、ドライバが更新されるたびに各種アプリが最適化されていっているようで、処理速度が徐々に上がっています。

※詳しくは内部性能について、の項目をご覧ください。

 

両機種共通 sRGBカバー率100%クラスの綺麗な液晶。AQUOSとの親和性が高い。

ディスクドライブなしのCZ(シルバー筐体)と同じものを採用しており、sRGBカバー率%が97~98%の綺麗な液晶です。

非光沢ということもあり、光が反射しずらく見やすいです。

最近、流行りとなっている16:10液晶ではありませんが、旧来通り、ウィンドウを横に並べる人には向いています。

また、この「dynabook AZ/HVシリーズ」は「TVコネクトスイート」を活用して、シャープのAQUOSレコーダーと連携して画質を上げる超解像技術に対応しています。元々、「TVコネクトスイート」自体は様々なTVレコーダーで録画した番組を家のどこでも、持ち運んだdynabookで観ることができる、というものです。

dynabookがシャープの傘下に入ったことでできた連携機能です。自宅でAQUOSレコーダーをお持ちの方にぜひ考えて頂きたい使い方です。

※今回、アルパカはAQUOSを持っていませんので試すことはできておりません。

※画質について、詳しくはディスプレイの項目をご覧ください。

 

外観について

デザイン的な特徴

「dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」 のデザイン

「dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」の比較・正面、内容物一覧

箱に同梱されていた書類一式です。

パソコンに不慣れな方ですと紙媒体での説明書があった方が安心できますが、そうした方にもおすすめできる書類が揃っています。

「dynabook PZ/MV(BZ/MV)」・同梱書類

大きさは以下の通り。

A4ノートの一般的な大きさです。

厚みはディスクドライブがある分、CZよりやや増しますが縦横はほとんど変わりません。

「dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」・大きさ比較

左右から見た時はこの通りに。ヒンジは180度までは開かずに、この角度までが最大です。

「dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」・左側

「dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」右側

ヒンジ内側には右手側に廃熱口があります。手を置く部分には熱が来ないので不快感はありません。

「dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」ヒンジ内側

ヒンジ外側は白。天板のゴールドとの境です。

「dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」ヒンジ外側

天板のゴールドは光沢感がありツヤツヤしています。

「dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」背面1・斜め

「dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」天板

背面はメモリスロットのカバーが外しやすくなっています。

「dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」裏蓋

背面のパームレスト側、左手横と右手側にスピーカーグリルが備え付けられており、底面に響かせるようにして音が聞こえてきます。音質はノートパソコンの標準的なものでした。

背面ヒンジ側にある幅広いグリルが吸気口です。膝上での作業時にはここを塞がないようご注意下さい。

 

裏蓋を外すと

※メモリの交換、増設をしない人には不要なので折りたたんでいます(クリックかタップで見れます)。

※メモリ二枚挿しのデュアルチャネルでないと性能が低いと言われていますが、色々と計測してみると、グラフィック性能の差はあるものの、普段使いの一般作業での速度差はあまりありませんでした。そのため、映像、画像系のグラフィカルな使い方やゲームをされない、並行作業が多くない、という方にとっては無理に増設する必要はありません。

今回はシングルチャネルのメモリでの販売が主だっていますので、不慣れな方でも分かりやすいよう掲載しておきます。自己責任にはなりますが、どなたでも簡単に交換増設は可能です。

メモリスロットを外すと

スロットの蓋は1本のビスで止まっています。緩めてもカバーから外れないようになっているので、ビスを落として紛失、という心配はありません。

メモリ16GB×1枚挿しの構成が基本のシリーズですので、デュアルチャネル&大容量が欲しい人はご参考にどうぞ。

メモリ交換増設の注意点:完全にPCの電源をオフにしておくことと、静電気

ノートパソコンのメモリの交換増設で、やってしまいがちなあるあるですが、電源をオフにしていたつもりでスリープ状態だった、というもの。デスクトップならバッテリー内臓で稼働しないため分かりやすいのですが、ノートパソコンだと、ついいつもの癖で電源スリープや休止状態にしたまま作業を始めてしまいがちです。

完全にシャットダウンし、余計な周辺機器をすべて外してから作業を始めましょう。

静電気は静電気防止手袋などで防ぐことができます。

もちろん体質的に発生しない人であれば不要です。ちなみに体が酸化して(つまり不健康な人ほど)静電気が発生しやすいので、そうした人は特に用意しておいた方が良いと言われています。

「dynabook AZ/HV(CZ/MV)」背面のメモリ交換方法1

アルパカはこの工具(精密ドライバーセットEPS-652)を使っていますが、このセット内の1番のプラスビットが適合しました。

あと、蓋は内側からしっかり噛んでいたので、クレカなどの薄いものでこじる必要があります。三角オープナーもあると便利です。

「dynabook AZ/HV(CZ/MV)」背面のメモリ交換方法2

アルパカが試したのはこちらの Crucial 製です。最初に装備されていたメモリと併せてデュアルチャネルとして認識してくれました。Crucial はエラー少なく安定しており値段も安く、加えて永久保証付き。やっぱり安牌です。

入れ方は簡単です。メモリの金属部分(Pin側)を切り込みの位置に合わせて差し入れます。しっかり奥まで入れて上から押し込むと、左右の金属レバーが挟み込んで固定されます。

「dynabook PZ/MV(BZ/MV)」背面のメモリ交換方法3

あとはそのまま蓋をするだけです。

 

機能一覧・カメラやディスプレイ情報など

Webカメラ(約200万画素)

dynabook AZ/HVシリーズ」のカメラは顏認証に対応しています。

カメラには物理窓のシャッターは付いていませんので、その辺りを気にされない方向けの機体となります。

最近ではFHD (1080p:200万画素クラス)が搭載された家庭用機種が出てきましたが、こちらの「dynabook AZ/HVシリーズ」も約200万画素の高画質カメラを備えています。

この記事をアップしている2022年春では、「Zoom」や「Meet」などのシステムで送信可能なビデオの画質は720p(HD)まで、「Teams」では1080p(フルHD)までとなっています。高額なカメラを取り付けても、キメの細かさに関してはシステム側がまだ対応できていないのが実情です。ただ、明るさや色合いは機種によってけっこう変わります。
「dynabook AZ/HVシリーズ」の約200万画素カメラの撮影例「dynabook CZ/MVシリーズ」の約92万画素カメラの撮影例「Thikpad X1 Carbon 2018年(6th-Gen)」の約92万画素カメラの撮影例

こちらは兄弟機種のCZと、少し前のLenovo「Thikpad X1 Carbon 2018年(6th-Gen)」との撮影比較になります。同日、同時刻、同じライティングでの撮影です。

意外と92万画素のCZのカメラが明るくて良い感じに撮影できましたが、緑が鮮やかですが、その他の色味はやや褪せます。AZはその逆といった具合です。

 

接続口

「dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」の接続口「dynabook CZ/MVシリーズ(2022)」の接続口「dynabook PZ/MV(BZ/MV)」の接続口

「dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」の接続口

「dynabook CZ/MVシリーズ(2022)」の接続口

「dynabook PZ/MV(BZ/MV)」の接続口

dynabook AZ/HVシリーズ」の接続口は標準的なものがすべて揃っており、ディスクドライブは右側から。ブルーレイまで、CD、DVDがすべて使えます。

USB端子(Type-A)は左右に散らして3つ。SDカードスロットやHDMIも一通りです。

Type-C はサンダーボルト対応ではないものの、Type-A の倍の10Gbpsで少し早くデータ転送できます。充電接続口として使えてディスプレイ出力も対応です。

ブルーレイまで要らない、または接続口がもっと少なくて良い、という方のために、比較用として2021年に出てきた同じ15.6インチの兄弟機種「dynabook CZ/MV」「dynabook PZ/MV(BZ/MV)」を掲載しておきます。

 

三枚モニターを試してみたら

「dynabook AZ/HVシリーズ」でType-C経由で三枚モニター出力してみた様子

dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」のType-Cはディスプレイ出力対応です。本体のHDMIとType-C からの変換アダプタによるHDMI接続による三枚モニターの安定した動作を確認しました。

テレワーク需要が増えてきた昨今、3枚くらいのモニターに出力して作業環境を整えたい人は一定数、いらっしゃると思います。もちろんデスクトップも良いですが、いざという時に動かせるようにしておくならノートPCで対応できる機種が便利です。

*ご注意:DynabookのType-C端子は基本的に全て映像出力対応

Dynabookは全シリーズの仕様書にはType-Cが映像出力対応とは書いていません。

実は書いていないだけで対応はしているのですが、これは、Type-Cのアダプターによって対応しているものとしていないものとに分かれているためです。全ての機器に対して動作保証が取れていない、という理由で記載をしていないようです。

アルパカが試したType-Cの変換アダプタ

エレコム製「DST-C09BK」と、mreechan(実はHuawei)製「ASIN:B07X659B4Z」、及び GADEBAO製「GADEBAO 3-IN-1」で確認してみました。

 

ACアダプタ(PA5367U-1ACA)について

「dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」のACアダプタ「PA5367U-1ACA」

ACアダプタの型番は「PA5367U-1ACA」、長さは180+50=230cm。重さは259.5g。定格電力は65Wとなっており、メガネケーブルは国内向けの125V用です。

この「PA5367U-1ACA」というACアダプタはDynabookに採用されているL字プラグとしては標準的なものです。今回はAZとCZを調べましたが、どちらも同じ「PA5367U-1ACA」でした。

18~20Wでは充電できず。

30Wで充電できますが、不安定な挙動を確認しました。特に警告ポップアップなどは出てきませんが、充電マークが明滅を繰り返します。45W以上で安定した充電が可能です。

元々の定格電力と合わせるなら、充電速度の速い65WのPD対応Type-C 充電器がオススメです。

以下、アルパカの試した充電アダプタの一覧です。

「dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」の互換アダプタ

使用 PD対応
電力
メーカー 商品型番
18W cheero CHE-324
20W AUKEY PA-F3S-WT(White)、PA-F3S-BK(Black)
30W Proulx GAN-65(White)のUSB-C2
45W Anker PowerPort Atom III Slim (Four Ports)
65W Proulx GAN-65(White)のUSB-C1

※ケーブルは全て「Anker PowerLine III USB-C & USB-C 2.0 ケーブル (0.9m) 超高耐久 60W PD対応」を使用しました。

以下、単ポートで65WのPD給電に対応しているType-C充電器の代表例です。コンパクトで120gで済み、30Wと60W、Type-Aの充電口がそれぞれあるので、スマホとPCなど同時に充電できて便利です。

 

キーボード

「dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」のキーボード・全体

キーピッチ18.7mm、キーストロークは1.5mm。

打鍵感は一般的な打ち心地です。

キーボードは前回とやや変わっていますが「dynabook PZ/MV(BZ/MV)」と同様の形状となったようで、似た説明になります。

ただ、キートップと下地の色が違うので、コントラストがあった方が周辺視野で見やすいと感じる人には「dynabook PZ/MV(BZ/MV)」よりも、こちらの「dynabook AZ/HVシリーズ」の方が向いています。

「dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」のキーボード・アップ

逆T字の矢印キー、特殊キーも小さくなっておらず、広々と打てます。

残念な点としてはバックライトキーボードではないこと。また、NumLockキーのパイロットランプがないなどです。A4ノートですので、常にライティングの元でしか使わない方であれば気にしなくても良い部分ですが、そうでないようなら、他機種か、USBライトでの対応がオススメです。

良いところは抗菌効果が施されたキーボードであること。コロナ禍でも安心して使えます。

矢印キーの逆T字、BackSpace キーの上にDelete 配置など、スタンダードな使いやすいキー配列も良いです。Enter キーの左横にある特殊キーも大きめに作られているので、この辺りで打ちづらさを感じていた人には特にオススメできます。

 

ディスプレイ:非光沢の16:9液晶 1920×1080

「dynabook AZ/HV(CZ/MV)シリーズ」の液晶パネル「LQ156M1JW01」:Color ACの色度図、i1Display Proによる輝度測定、LUT表示

輝度は248.6cd/㎡と一般的な明るさで、色域はsRGBカバー率が98.2%。Adobeカバー率が73.3%。

赤青緑のLUT表示(別名ガンマ補正曲線)を見るとバランスが取れており、輝度が高い時に僅かばかり赤と青が強くなるようです。もっとも、言われても分からない範囲で気になりません。

非光沢(ノングレア)の液晶で文字が見やすいです。反面、キラキラ感のある色映えする液晶ではありません。一般的には文字を目で追う事務作業では非光沢(ノングレア)が好まれ、映像、画像を楽しむ分には光沢(グレア)液晶が好まれます。

dynabook AZ、BZ、CZ、PZシリーズ(2022)-正面(文字)

dynabook AZ(CZ)シリーズ(2022)-正面(文字)

dynabook AZ、BZ、CZ、PZシリーズ(2022)-上から(文字)

dynabook AZ(CZ)シリーズ(2022)-上から(文字)

dynabook AZ、BZ、CZ、PZシリーズ(2022)-横から(文字)

dynabook AZ(CZ)シリーズ(2022)-横から(文字)

写真でも確認できますが、かなり斜めから見ても文字を読むことができます。IGZOではありませんが、これならどの角度からでも見やすく、使いやすい液晶と言えます。

次に画像の見やすさ、視野角の広さを確認します。

「dynabook AZ(CZ)シリーズ」のsRGBカバー率 97.9%一般的なIPS液晶 sRGBカバー率62.8%TN液晶 sRGBカバー率61.3%

dynabook AZ、BZ、CZ、PZシリーズ(2022)-正面(画像)

「ThinkPad E15 Gen 3 (AMD) 」の液晶、画像(正面から)、標準的なIPS液晶

LAVIE Direct N15(R)のTN液晶 sRGBカバー率61.3%

「dynabook AZ(CZ)シリーズ」のsRGBカバー率 97.9%一般的なIPS液晶sRGBカバー率62.8%TN液晶 sRGBカバー率61%

dynabook AZ、BZ、CZ、PZシリーズ(2022)-上から(画像)

dynabook AZ、BZ、CZ、PZシリーズ(2022)-横から(画像)

ThinkPad E15 Gen 3 の斜め上から見た時の一般的なIPS液晶

「ThinkPad E15 Gen 3 (AMD) 」の液晶、画像(視野角確認)

TN液晶 sRGBカバー率61%、斜め上から

TN液晶 sRGBカバー率61%、斜め横から

斜めから見ても色が褪せづらく、お肉が美味しそうに見えます。動画や静止画を楽しむ分にも向いている液晶です。

 

内部性能について

「dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」のCore i7-1260P搭載機

今回、アルパカが調べたのはdynabook AZ/HVシリーズ(2022)Core i7-1260P搭載機になります。

※Windows11では電源設定の呼び名が変わりました。グラフ内などの表示がそのままになっていますが、

Windows10の “最も高いパフォーマンス” = Windows11の “最適なパフォーマンス”
Windows10の “高パフォーマンス” = Windows11の “バランス”

としてお読み下さい。

性能を調べた結果、まとめ

「dynabook AZ/HVシリーズ」のCPU-Z-a

「dynabook AZ/HVシリーズ」のCPU-Z-b

以前の記事でも記載していますが、第12世代Core『アルダーレイク(Alder Lake)』になってから、ベンチマークの数値が性能通りの値にならないことが多いです。加えて、第12世代Core『アルダーレイク(Alder Lake)』自体が、新しい構造のため、アプリ側が対応したり、ドライバの更新ごとにどんどん良い数値を出しています。

ここに掲載している「dynabook CZ/MVシリーズ」は2022年7月下旬時点での計測値です。その前に計測している同じ第12世代Core『アルダーレイク(Alder Lake)』搭載機種より一歩良い数値になっているのはそのためです。

それらを踏まえた上で見ていきますと、もっとも性能通りの数値を出すと思われる Cinebench R23 では Core i7-1260P でシングルが 1800 に迫る勢いで素晴らしいパフォーマンスを発揮しています。兄弟機種の「dynabook CZ/MVシリーズ」では Core i5-1240P で 1600 超えとなりました。

一方のマルチコア性能では、Ryzen 7 5825Uに迫る勢いですが、あと一歩というところで、まだ並んではいません。

それでも、第11世代Core『タイガーレイク(TigerLake)』までと比べると、一気に数値が上がりました。多コアプロセッサーとして、大きな飛躍を遂げたのが分かります。

今回のdynabookのA4ノート全般に言えることですが、基本的にメモリは一枚挿しのシングルチャネルです。背面のメモリスロットが開けやすいので、メモリ増設がしやすいよう考えられたようです。

シングルとデュアルではグラフィック性能が変わります。特に今回からデュアルチャネルになっていないと iris システムで稼働しません。この制限は他メーカーでも見られますので、一般的なものですが、背面のメモリカバーを開けることに抵抗ある人のためにデュアルチャネル構成のラインナップも用意しておいて欲しかったというのが正直なところです。

シングルとデュアルの違いも調べてみたのですが、グラフィック性能を必要とされる使い方(動画、静止画のエンコード時、ゲームなど)に違いが出るものの、そのほかの日常的な使い方で速度が変わるものではありませんでした。

色々試したのですが、グラフィカルな高負荷作業で計測すると、実は同じメモリ DDR4-3200 であれば、UでもPでも、大きな速度差にはなりません。これは E-core が持続的で単調な高負荷作業を受け持っている第12世代Core『アルダーレイク(Alder Lake)』ならではです。4K動画のエンコードなどでRZやGZが一歩抜きんでて早いのはメモリの違いによるものです。

では、UプロセッサーとPプロセッサーのもっとも大きな差となる身近な作業は何か。Excelです。

特にVLOOKUPのように、他から引っ張ってくる系の関数をがっつり組んだものや、ハイパーリンクが多量に張り付けてあるものなど、連携させるもの=計算させるもの、に関しては差が出やすいです。

この辺りは P-core が本気モードで使われる作業のようで、P-core の実コア数が倍になれば、単純に作業時間が半分になります。PDF化の作業なども同様に差が出ます。

これらのことから、今回、ご紹介しているPプロセッサーを搭載している「dynabook AZ/HVシリーズ」では、ご家庭の一般的な使い方に加えて、Excelを含めたオフィスワークの作業量が多い方、重たいファイルを使うハードワーカーにもオススメできます。

他、写真を扱う作業などは問題なく早くて、動画の編集ではパワーディレクターやビデオスタジオあたりでFHDの5分間の簡単な動画編集あたりまでならオススメ、といったところです。4Kが絡んでくるようなら、または写真の多枚数エンコード(100枚単位)などでもオススメできますが、その場合はメモリを増設してデュアルチャネルにすると、より性能を引き出しやすく速度アップを体感できます。

CinebenchR23

Cinebench R23-dynabook AZHVシリーズ-Core i7-1260P メモリ16GB×1

Single Core 1,783 pts

Multi Core 8,687 pts

Cine R23 SingleグラフCine R23 Multiグラフ

Cinebench R23-dynabook AZMVシリーズ-Core i7-1260P-Single

Cinebench R23-dynabook AZMVシリーズ-Core i7-1260P-Multi

 

Adobe や Office の実測時間

Adobe Lightroom classic RAW現像Adobe Premiere Pro 4K出力Excel 計算

「dynabook CZ/MVシリーズ(2022)」Core i5-1240Pにて、Adobe-Lightroom classic 処理時間比較

※108枚のRAWデータをJpeg変換するのにかかる時間を計測。

「dynabook CZ/MVシリーズ(2022)」Core i5-1240Pにて、Adobe-Premiere Pro処理時間比較

※約5分間の軽い編集を加えた動画をH264(YouTube 2160p 4K)の書き出しをした際にかかる時間を計測。

「dynabook CZ/MVシリーズ(2022)」Core i5-1240Pにて、Excel計算処理時間比較

※128000回分のVLOOKUPと、184000回分のSUMIFS(3つの条件)を一度に計算させたときにかかった時間を計測。

 

WEBXPRT3

AZ i7-1260P・メモリ16GB(16×1)時AZ i7-1260P・メモリ16GB(8×2)時AZ i7-1260P・メモリ32GB(16×2)時CZ i5-1240P・メモリ16GB(16×1)時BZ(PZ) i5-1235U・メモリ16GB(16×1)時

「dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」Core i7-1260P・メモリ16GB(8×1)時

「dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」Core i7-1260P・メモリ16GB(8×2)時

「dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」Core i7-1260P・メモリ32GB(16×2)時

「dynabook CZ/MVシリーズ(2022)」Core i7-1260P・メモリ16GB(16×1)時

「dynabook PZ/MV(BZ/MV)2022」Core i5-1235U・メモリ16GB(16×1)時

主要三大ブラウザ(Chrome と FireFox と Edge)で、それぞれのAC電源あり最適なパフォーマンス時と、バッテリ駆動バランス時での速度を計測しています。

180あれば遅いとは感じなくなり、200でまあまあ。250で快適。300ならタイトなレスポンスを気にする人にもオススメできる即応性が手に入ります。徐々にネットコンテンツのページが重たくなっていくことを考えれば、これらの基準としている数値も少しずつ修正していった方が良いと思います。

とはいえ、Core i7-1260P なら軽めの Firefox で350超え。Chrome 、Edge でもいよいよ350に達する勢いです。これだけ早ければ、多少の重たいページや多重にタブを開いても快適そのものです。

ブラウジングの速度に関しては、メモリ増設による速度差は僅かでした。

比較用として「dynabook PZ/MV(BZ/MV)」のCore i5-1235Uも掲載しておきます。

※以下、計測した内容のキャプチャーになります(クリックかタップで見れます)。

その他ベンチマーク、「dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」Core i7-1260P搭載機の計測結果一覧

PassMark

AZ(CZ)Core i7-1260P・メモリ16GB(16×1)時AZ(CZ)Core i7-1260P・メモリ16GB(8×2)時AZ(CZ)Core i7-1260P・メモリ32GB(16×2)時

AZ(CZ)Core i7-1260P・メモリ16GB(16×1)時のPassMark

AZ(CZ)Core i7-1260P・メモリ16GB(8×2)時のPassMark

AZ(CZ)Core i7-1260P・メモリ32GB(16×2)時のPassMark

 

ゲーム系ベンチマーク

少し重い:FF-XIV 暁月のフィナーレ

FF-XIV 暁月のフィナーレ:dynabook AZ/HVシリーズ、Core i7-1260P、メモリ32GB(16×2)時にて

dynabook AZ/HVシリーズ、Core i7-1260P
FF-XIV 暁月のフィナーレ:最高品質、FHD、フルスクリーン設定
メモリ16GB×1 メモリ16GB(8×2) メモリ32GB(16×2)
平均fps:39、最低fps:16
5573(普通)
平均fps:25、最低fps:15
3671(設定変更を推奨)
平均fps:38、最低fps:17
5579(普通)

※メモリ16GB×1のみ、一か月遅れでの計測となりました。やたら数値が良いのは、この間にベンチマークの最適化が成されたからかもしれません。

 

重い:FF-XV WINDOWS EDITION

FF-XV WINDOWS EDITION:dynabook AZ/HVシリーズ、Core i7-1260P、メモリ32GB(16×2)時にて

dynabook AZ/HVシリーズ、Core i7-1260P
FF-XV WINDOWS EDITION:標準品質、FHD、ウィンドウ設定
メモリ16GB×1 メモリ16GB(8×2) メモリ32GB(16×2)
1638(重い) 2133(重い) 2121(重い)

 

3DMark- NIGHT RAID

3DMark- NIGHT RAID:dynabook AZ/HVシリーズ、Core i7-1260P、メモリ32GB(16×2)時にて

dynabook AZ/HVシリーズ、Core i7-1260P
3DMark-NIGHT RAID
メモリ16GB×1 メモリ16GB(8×2) メモリ32GB(16×2)
Night Raid:15047
グラフィック:19104
Night Raid:16326
グラフィック:19231
Night Raid:17048
グラフィック:20893

 

ストレージ

「dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」本体ストレージ・CrystalDiskMark7.0にて小容量で計測

「dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」本体ストレージ・CrystalDiskMark7.0にて大容量で計測

SSDの速度としては一般的です。

大容量のデータ移動の際にも速度が大して落ちません。ただランダムアクセス系はやや下がりますので、大きなデータを複雑にやり取りする際にはもたつきが出るかもしれない、というくらいです。

なお、512GBのストレージで購入した場合は以下の通りです。417GBが自由に使えますので、ローカルにデータを溜め込みたい人でなければ、すぐに使い切るようなことはなさそうです。

※初期ストレージの空容量はOSの更新やリカバリ領域などの設定により増減します。

「dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」の初期ストレージ容量

 

「dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」搭載 Core i7-1260Pの高負荷パフォーマンス推移

電源設定:最適なパフォーマンス時電源設定:バランス時

「dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」Core i7-1260P 搭載機にOCCTで負荷100%をかけた時の推移(最適なパフォーマンス時)

「dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」Core i7-1260P 搭載機にOCCTで負荷100%をかけた時の推移(バランス時:バッテリー駆動時)

ダイナ W6AZHV7CBG
Intel Core i7-1260P  電源設定:最適なパフォーマンス時
平均 最高値
P-core周波数 2,064.9MHz 3,691.0MHz
E-core周波数 1,686.8MHz 2,793.2MHz
電力量 28.1W 54.6W
温度 71.0度 75.0度

※一番高い電力設定であるWindows10の “最も高いパフォーマンス” とは、Windows11で言うところの “最適なパフォーマンス” のことです。
同様に、一つ下に落とした電力設定であるWindows10の “高パフォーマンス” とは、Windows11の “バランス” のことです。

 

電源あり状態の最適なパフォーマンス時では、E-core、P-core、共に2秒後がピーク。その後10秒間をトップ1%の周波数を維持した後に巡航速度に落ち着きます。最初の10秒間にレスポンス良く稼働できるよう設定されています。

10秒を過ぎると巡航速度に入り熱量が70度前後に抑えられています。元々がご家庭向けのエンターテイメント志向の構成ですので、セッティングも安全志向になっています。

バッテリー駆動時にバランス設定にした時には、最初の10秒間の高処理状態がなくなり巡航速度だけに。作業の切り替えなく、高負荷でもない時にはAC電源のある状態でもバランス設定で良いと思います。

音はそれなりの駆動音がありますが、大きすぎるということはなく40db以下だと思います。これは図書館で使っても気にならないレベルです(アルパカの部屋は雑音だらけなので、おおよその感覚値です)。

 

機体外側の温度推移

「dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」Core i7-1260P 搭載機100%稼働による機体外側の温度推移:前面

「HP Pavilion Aero 13-be」100%稼働による機体外側の温度推移:背面

アイドル状態の際に30度強、100%稼働10分経過で40度です。熱くなるのはキーボードの左面だけですが、これくらいなら不快感はありません。

背面ですと機体左側で50度弱です。人によっては膝上では不快感を感じるかもしれません。その際には膝との間に何かを敷いて作業するのをオススメします。

 

価格とラインナップの一覧

AZ/HV 基本構成

シリーズ名 dynabook AZ/HV シリーズ
OS Windows 11 Home
カラー サテンゴールド
CPU Core i7-1260P Core i5-1240P
メモリ 16GB(16GB×1)/最大32GB 8GB(8GB×1)/最大32GB
16GB(16GB×1)/最大32GB
※PC4-25600(DDR4-3200)対応。
※交換増設用スロットあり。
ストレージ 512GB SSD
1TB SSD
512GB SSD
ドライブ ブルーレイディスクドライブ(BDXL対応)
ディス
プレイ
FHD 軽量・広視野角 TFTカラー LED液晶
(ノングレア)1,920×1,080ドット
※ディスプレイサイズは15.6インチです。
グラフィック ※メモリ増設後、デュアルチャネル稼働時にはインテル Iris Xe グラフィックス(CPU内蔵)にて稼働。購入時にはUHDグラフィックス。
無線
通信
Wi-fi6(IEEE802.11ax+a/b/g/n/ac)
Bluetooth Ver5.2
有線LAN 1000Base-T
(自動認識、Wake-up on LAN対応)
生体認証 顔認証
質量 約1.98kg
バッテリ 約9.5時間(実働予想 4時間)
Office Microsoft Office Home & Business 2021
(Office搭載モデルのみ)
リリース 2022年5月27日

※バッテリーはJEITA2.0にて表示していますが、構成内容により差異が出ます。実働予想は限界稼働時間の5割弱を表記しています。

 

価格と納期一覧

dynabook AZ/HVシリーズ
i5モデル
OS Windows 11 Home 
CPU Core i5-1240P
メモリ 16GB(16GB×1)/32GB 16GB(8GB×1)/32GB
SSD 512GB 512GB
ドライブ ブルーレイディスクドライブ(BDXL対応)
Office
なし
W6AZHV5CAG W6AZHV5CBG
¥161,150
¥153,450
¥152,350
¥144,650
[入荷待]8月末頃出荷 最短翌営業日出荷
Office
Personal
W6AZHV5AAG W6AZHV5ABG
¥175,450
¥174,350
¥166,650
¥165,550
[入荷待]8月末頃出荷 [入荷待]8月末頃出荷
Office
H & B
W6AZHV5BAG W6AZHV5BBG
¥178,750
¥177,650
¥169,950
¥168,850
[入荷待]8月末頃出荷 [入荷待]8月末頃出荷

※価格は全て税込表記です。
※2022年8月16日現在での価格と納期情報にて表示しています。現在、dynabookが夏季休暇に入り8月中旬の出荷が遅れます。詳しくは営業日カレンダーをご覧下さい。

※納期に関して「最短 翌営業日出荷」ができますが、型番により変わります。また、土日祝祭日と棚卸期間の営業停止日は出荷できません。ご注意下さい。
※直近の営業日カレンダーはこちら
※「」のマークがあるものは特別価格となっている限定販売ページが用意されています。上段が一般の会員価格。下段が特別販売会場を経由した価格です。

 

dynabook AZ/HVシリーズ
i7モデル
OS Windows 11 Home 
CPU Core i7-1260P
メモリ 16GB(16GB×1)
SSD 1TB 512GB
ドライブ ブルーレイディスクドライブ(BDXL対応)
Office
なし
W6AZHV7CAG W6AZHV7CBG
¥185,350
¥175,450
¥172,150
¥162,250
[入荷待]8月30日頃出荷 [入荷待]8月30日頃出荷
Office
Personal
W6AZHV7AAG W6AZHV7ABG
¥197,450
¥196,350
¥184,250
¥183,150
[入荷待]8月30日頃出荷 [入荷待]8月30日頃出荷
Office
H & B
W6AZHV7BAG W6AZHV7BBG
¥200,750
¥199,650
¥187,550
¥186,450
最短翌営業日出荷 [入荷待]8月30日頃出荷

※価格は全て税込表記です。
※2022年8月16日現在での価格と納期情報にて表示しています。現在、dynabookが夏季休暇に入り8月中旬の出荷が遅れます。詳しくは営業日カレンダーをご覧下さい。

※納期に関して「最短 翌営業日出荷」ができますが、型番により変わります。また、土日祝祭日と棚卸期間の営業停止日は出荷できません。ご注意下さい。
※直近の営業日カレンダーはこちら
※「」のマークがあるものは特別価格となっている限定販売ページが用意されています。上段が一般の会員価格。下段が特別販売会場を経由した価格です。

 

最後に・まとめ

「dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」最後に・まとめ

まとめますと、「dynabook AZ/HVシリーズ(2022)」の気になる点としては、

・お値段が高い。

この一点に集約されます。
逆に良い点としては、

・第12世代Core『アルダーレイク(Alder Lake)』の高いパフォーマンス。

・色域が広くて鮮やかな液晶。

・ブルーレイ付きのノートPCであること。

の三点となりました。

今時はディスクドライブ付きの機種が少ないです。そのため、指向性の強い使い方をする人にとってはニッチな需要でもないと困る、という方に向けた内容となっています。

頻繁にディスクドライブを使う用途がある中、外付けで対応したことのある人なら、その面倒さがご理解頂けると思います。それを解消する時にかかるイニシャルコストが、この機種の金額に変換されたとお考え下さい。

お値段に関しては時事的なものですので今後の値下がりに期待です。ただ、2022年から先は食料のみならず、電子部品も物流が滞る=価格高騰が避けられないと思っています。記事アップ時点でもすでに他社含めて構成が弱まったり、値段が上がり気味の傾向があります。

ただ、dynabook の安心設計、色域の広い鮮やかな液晶。12世代Coreの高いパフォーマンスも合わせて考えるなら、用途に合った方には良い選択肢だと思います。

 

 

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
シェアする
パソコン選びのコツ

コメント