→ → モバイル機ならバランスの取れた dynabook GZシリーズが売れてます ← ←

PCラインナップ

スポンサーリンク
13と14インチ

Microsoftの「Surface Laptop 3(2019年)」価格全比較表

「Surfaceの美しさを気にっていてもタブレットにする必要はない」そう感じた人はLaptopシリーズ2019年最新版の「Laptop3」はいかがでしょうか。アルカンターラも捨てがたいですが、メタル素材のシャープな美しさもオススメです。
13インチ未満

Microsoftの「Surface Pro 7(2019年)」価格全比較表

高感度、高精細なタッチパネル。タブレット形式でも高いグラフィック性能を備えたIrisシステム。「Surface Pro 7」は多くのクリエイター達を支えられるサブ機となります。今回はそうした活躍を期待される「Pro 7」をご紹介します。
15インチ以上

Dynabookの軽量15インチ「ZZ75/L」を「LG gram」と比較してみた

15インチの軽量モデルの筆頭といえばLG gramの「15Z990」シリーズですが、Dynabookの「ZZ75/L」は性能重視の軽量15インチを目指しました。DynaBookとLG gramはどのような違いがあるのか。比較してみました。
スポンサーリンク
15インチ以上

Dynabook(旧東芝)BTOのAZ45、65の後継、Kナンバーのご紹介

「AZ45G、65G」の後継として出てきたKナンバーのご紹介です。ローエンドの25を除いた発表となり、上位モデルのみGと平行しての販売が続きます。オプテインメモリやPCIe接続のSSDを搭載した15インチなら、Kナンバーがおススメです。
13と14インチ

NECの「LAVIE Pro Mobile(Direct PM)」を比較、解説してみた

名機、と呼ばれるものはほんの一握りだけです。約783gからの組み合わせ、最長20時間駆動。何より打感の素晴らしさは、仕事や勉強に打ち込む人にとって最高のツールとなってくれることでしょう。今回はそんな最高の一台をご紹介します。
13インチ未満

10万円以下から買える、NECの「LAVIE Note Mobile(Direct NM)」のご紹介

「LAVIE Direct NM(店頭モデルではLAVIE Note Mobile)」が、売れてます。学生の声を取り入れて造られたというだけあって、リーズナブルな価格設定は多くの人に好まれました。今回の記事では、その人気の理由に迫ります。
13と14インチ

「RZ53」をDVDドライブ付きモバイル同士で比較してみたら

DynabookがRZ73や83の後継として出してきたRZ53シリーズ。重さ1.4kgでも敢えて残したこのラインナップは、一部の人達にとって必要なものでした。時代に逆行するような、ドライブ付きモデルがなぜ必要とされるのか、をご紹介します。
13と14インチ

メイプルストーリー等の軽いゲーム向け割安パソコン

『メイプルストーリー』この長寿MMOを楽しむために必要なパソコン性能は、あまり高くありません。しかし続編では3Dにもなりました。その辺りも視野に入れて、安く済ませてお得に買うなら? 今回は軽量ゲームにお勧めな割安PCをご紹介してみました。
スポンサーリンク