→ → モバイル機ならバランスの取れた dynabook GZシリーズが売れてます ← ←

タッチパネル

スポンサーリンク
13インチ未満

「Surface Pro 7」と「Orbital2」を使ってクリスタで絵を描いてみた

「Surface Pro 7」と「Orbital2」を使ってイラストを描いてみました。次世代の便利グッズを組み合わせたら、どうなるか? 第10世代CPUのIrisシステムの能力を、数値からでは分からない部分も含めてレビューしてみました。
13と14インチ

Microsoftの「Surface Laptop 3(2019年)」価格全比較表

「Surfaceの美しさを気にっていてもタブレットにする必要はない」そう感じた人はLaptopシリーズ2019年最新版の「Laptop3」はいかがでしょうか。アルカンターラも捨てがたいですが、メタル素材のシャープな美しさもオススメです。
13インチ未満

Microsoftの「Surface Pro 7(2019年)」価格全比較表

高感度、高精細なタッチパネル。タブレット形式でも高いグラフィック性能を備えたIrisシステム。「Surface Pro 7」は多くのクリエイター達を支えられるサブ機となります。今回はそうした活躍を期待される「Pro 7」をご紹介します。
スポンサーリンク
13と14インチ

NECの「LAVIE Pro Mobile(Direct PM)」を比較、解説してみた

名機、と呼ばれるものはほんの一握りだけです。約783gからの組み合わせ、最長20時間駆動。何より打感の素晴らしさは、仕事や勉強に打ち込む人にとって最高のツールとなってくれることでしょう。今回はそんな最高の一台をご紹介します。
13インチ未満

Dynabook VZ62、72、82シリーズ(旧東芝)の全ラインナップ

旧モデル一覧記事からDynabook(旧東芝)のVZシリーズのみを抜き出し、同モデル全ラインナップを並べてみました。人気のTruNoteは書いた後で線の太さや色を変えられるなど便利機能が満載。会議や授業の録音も全てこれ一台で。
PC知識全般

Surface購入のコツ、最もお得に買う方法とは

実はMicrosoftのSurfaceはちょっと変わった買い方ができるようになっています。とてもお得に手堅く合った一台を手にするために、Surfaceならではの買い方をご紹介します。
13と14インチ

Surface book 2、Studio 2 購入の薦め、価格全比較表

Surface関連記事が続きます。 今回は「Surface Book 2」と「Surface Studio 2(以後、略して表記)」のご紹介です。 どちらも特徴的な位置づけで販売されているので、購入に関して必要となるツボを抑える...
13と14インチ

Surface Laptop 2 購入の薦め、価格全比較表

サーフェスと言えばタブレット形式の代名詞ですが、しかしながら普通のノートパソコン形状のLapTopも捨てがたい魅力があります。タブレット機にない利点、Proにない欠点など一通りまとめてみました。
スポンサーリンク