→ → ハイパワーRyzen搭載モバイルPC「ThinkPad X13 GEN 1」はこちらから ← ←

タッチパネル

スポンサーリンク
13と14インチ

ThinkPad X13 GEN 1 の全ラインナップ、特徴と選び方

今回ご紹介する「ThinkPad X13 GEN 1」は13.3インチながら、約 1.18kg。 位置的には「X390(AMDはX395)」の後継に当たりますが、従来の12インチパソコンの筐体に13インチ液晶を入れ、軽量化したようなモ...
13と14インチ

10万円以下でよく売れているモバイルパソコン、HPの Pavilion 13-an1000

「10万円以下で持ち運べるノートパソコンが欲しい」 家電量販店のパソコン売り場に行くと、この要望を一日の間に何度となく耳にします。 在宅ワークに使うなら画面の大きい、テンキーが付いている15インチのノートパソコンが定番ですが、最...
13と14インチ

Lenovo ThinkPad X1 Carbon 2020(8Gen)の全ラインナップ

X1 Carbonの次期モデルを待ち望んでいた人は多いと思いますが、こちらの記事では、2020年モデル(8Gen)の全ラインナップをご紹介しています。 ※新機種投入後、都度、追記してまいります。
スポンサーリンク
13と14インチ

オシャレなサブモバイル機、Surface Go2とSurface Pro Xの全ラインナップ

新しく出てきた「Surface Go 2」は軽快に持ち運べるモバイル機として役立ちます。初代「Surface Go」との違いや、最新のお値段、ラインナップをまとめてみました。他、ちょっと気になる「Surface Pro X」もご紹介。
デスクトップ一体型

Lenovoの一体型デスクトップ、Ideacentre AIO 540 全ラインナップ

デスクトップの広い画面で使いやすさを求めればお値段は上がりがち。しかし、予算を10万円までに抑えて買えないかと訊かれることはよくあります。今回はそうした人にオススメしたい「Lenovo IdeaCentre AIO 540」のご紹介です。
13と14インチ

Lenovoのフラグシップモデル、ThinkPad X1 Carbonという名機

19時間超えロングバッテリー、Thunderbolt3を2つ標準装備。画面は4K選択可能の14インチ。最大2TBのPCIe。CPUはモバイル最強「i7-10710U」選択可能。加えてLTEも。 今回はLenovo最高峰の名機をご紹介します。
13と14インチ

LenovoのC340はタッチパネルを生かした格安優良モデル

「S340」の兄弟機種になります。もっとも「S540」とは違い、タッチパネルが付いたという意味での同系機種です。そして、Lenovoならではの安さもピカ一。何しろ最新の「Surface Pro7」の半額近くで手に入るのですから。
13インチ未満

「Surface Pro 7」と「Orbital2」を使ってクリスタで絵を描いてみた

「Surface Pro 7」と「Orbital2」を使ってイラストを描いてみました。次世代の便利グッズを組み合わせたら、どうなるか? 第10世代CPUのIrisシステムの能力を、数値からでは分からない部分も含めてレビューしてみました。
スポンサーリンク