→ → モバイル機ならバランスの取れた dynabook GZシリーズが売れてます ← ←

タブレット型PC

2in1、デタッチャブルPCなどとも呼ばれるタブレット型PCです。
キーボードから取り外せるようになっているので、タブレットとしてしか使わない時には軽量化して持ち運ぶことができます。

スポンサーリンク
13インチ未満

「Surface Pro 7」と「Orbital2」を使ってクリスタで絵を描いてみた

「Surface Pro 7」と「Orbital2」を使ってイラストを描いてみました。次世代の便利グッズを組み合わせたら、どうなるか? 第10世代CPUのIrisシステムの能力を、数値からでは分からない部分も含めてレビューしてみました。
13インチ未満

Microsoftの「Surface Pro 7(2019年)」価格全比較表

高感度、高精細なタッチパネル。タブレット形式でも高いグラフィック性能を備えたIrisシステム。「Surface Pro 7」は多くのクリエイター達を支えられるサブ機となります。今回はそうした活躍を期待される「Pro 7」をご紹介します。
13インチ未満

Dynabook VZ62、72、82シリーズ(旧東芝)の全ラインナップ

旧モデル一覧記事からDynabook(旧東芝)のVZシリーズのみを抜き出し、同モデル全ラインナップを並べてみました。人気のTruNoteは書いた後で線の太さや色を変えられるなど便利機能が満載。会議や授業の録音も全てこれ一台で。
13インチ未満

Surface Go と Pro6 購入の薦め価格全比較表

2012年6月に登場したSurfaceは試行錯誤を経て、より一歩完成形へと近づきました。しかし、間違った買い物をしがちな2in1だけに抑えておきたい特徴も多くあります。今回はGo とProをご紹介しながら、特徴をまとめてみました。
13と14インチ

DynaBookのタブレット型パソコン「DZ83(D7)」をSurfaceやA12と比較

東芝として出してきた最後の機体「dynabook D7(DZシリーズ)」。ほとんどの人が見ないまま年をまたいだ2019年、いよいよ発売開始です。2in1の人気機種、Surfaceと「A12」を横並びにして比べながらご紹介してみます。
13インチ未満

VAIOのA12「Core i5-8200Y」でクリップスタジオの動作確認をしてみた

先日、ご紹介していたタブレット型2in1パソコン、「A12」を使って動作確認をしてみましたので、そのレポートを兼ねて記事にしたいと思います。 記事といっても、今回は動画がメインです。 クリップスタジオによる画像の加工編集は重...
13インチ未満

VAIOのBTO・タブレット型2in1パソコン、A12価格と性能

去年の秋に「A12」が出てきた時には、値段が高すぎて、誰もが人気機種になるとは思っていませんでした。しかし実際に使って頂くと、実に使いやすかったのです。納期遅れが生じるほどの注文が入り続けた「A12」の魅力に迫ります。
13インチ未満

VAIOの出した2in1「A12 1211」の特徴を他社と比較してみた

久しくタッチパネル製品がなかったVAIOがようやく出してきました2 in 1。 一般の店舗より早くソニーストアの展示機を触ってきたので、特徴を含めてレビューします! スタビライザー、マルチSIM対応、ワイヤレスキーボード機能などなど…。
スポンサーリンク