→ → ハイパワーRyzen搭載モバイルPC「ThinkPad X13 GEN 1」はこちらから ← ←

Dynabook(旧東芝)

スポンサーリンク
15インチ以上

DynaBook(旧東芝)パソコンBTOの16インチ、i7-10710U搭載のAZ66シリーズ

一般的なご家庭で使われるノートパソコンは15.6インチが主流です。 しかし、今回は15.6インチよりも微妙に大きくて使いやすくなった16.1インチ「Dynabook AZ66」シリーズをご紹介します。 法人様のご購入(領収書...
PC販売ランキング

売れてる軽量ノートパソコンランキング(POS by ~2020/5/28)

ここ最近のモバイルノートパソコンの動向で、何が売れ筋なのか。日本全国のPOS情報から、本体重量1Kg以下という条件で1位から8位までをご紹介します。一位は有名な「あれ」になりました。
15インチ以上

Dynabook(旧東芝)のPZ55とNZ65/M(店頭モデルの C8)はドライブレス

今までは国内の15インチと言えばディスクドライブありきでした。ですがこの度、いよいよドライブなしモデルが出されました。しかも同時に出された「NZ65/M」では、いよいよMX250のグラフィックカードが搭載。 一通りのラインナップとお値段をご覧下さい。
スポンサーリンク
15インチ以上

DynaBook(旧東芝)パソコンBTOの15インチ、EZ35/Pシリーズ

今回ご紹介する「EZ15、35、55/P」は今までにあった「AZ35」及び「EZ35/L」の後継機種にあたります。もっともスタンダードな性能でコスパを抑えた国内モデルの15インチノートと言えば、このラインナップが売れ筋となります。
15インチ以上

DynabookのCZ45/Lは今が旬のスタンダード15型パソコン

新型コロナウィルスの影響により、各メーカーはことごとく在庫切れ。注文できても、納期は極端に長めです。中には数ヶ月待ちも。しかし、2020年2月26日発表の「CZ45/L」は最短納期でお届け可能。今回はお急ぎの方にオススメの記事になります。
13と14インチ

新型Dynabook G(GZ)の2020年春モデル、6コアの Comet Lake 搭載

2020年の春、筆頭の売れ筋となりそうな新しいdynabook G(GZ)が販売を開始しました。旧東芝改め、dynabook株式会社が搭載した新しいCPUはいよいよ6コア。軽量ながらハイパワー、それでいて長時間が欲しい人には断然オススメです。
13と14インチ

DynaBook(旧東芝)のBTO「SZ73シリーズ」はコスパ優良のモバイルPC

国内メーカーの軽量安価のモバイルPCと言えばNECの「LAVIE Note Mobile(Direct NM)」やDynaBookの「RZ63」でした。今回は、さらにお安くお得になったコスパ優良モデル「SZ73シリーズ」をご紹介します。
13と14インチ

DynaBook(旧東芝)のBTO「UZ63シリーズ」は絶妙な打ち心地

旧東芝時代の最終期に設計され、シャープ傘下になってEGZOパネルを組み入れた「UZ63シリーズ」。「GZシリーズ」の影に隠れてしまう脇役ですが、打感の良さやThunderbolt 3など、「UZ63」にしかない良さがあります。
スポンサーリンク