→ → モバイル機ならバランスの取れた dynabook GZシリーズが売れてます ← ←

Dynabook(旧東芝)

スポンサーリンク
13と14インチ

DynaBook(旧東芝)のBTO「SZ73シリーズ」はコスパ優良のモバイルPC

国内メーカーの軽量安価のモバイルPCと言えばNECの「LAVIE Note Mobile(Direct NM)」やDynaBookの「RZ63」でした。今回は、さらにお安くお得になったコスパ優良モデル「SZ73シリーズ」をご紹介します。
13と14インチ

DynaBook(旧東芝)のBTO「UZ63シリーズ」は絶妙な打ち心地

旧東芝時代の最終期に設計され、シャープ傘下になってEGZOパネルを組み入れた「UZ63シリーズ」。「GZシリーズ」の影に隠れてしまう脇役ですが、打感の良さやThunderbolt 3など、「UZ63」にしかない良さがあります。
15インチ以上

DynaBook(旧東芝)パソコンBTOの15インチ、EZ15、35、55シリーズ

国内パソコンの中では、ほぼ最安と言われているDynaBookのEZ15、35、55というシリーズ。地味な黒一色、光沢のないノングレアであれば、それでも使いやすい性能は格安で手に入ります。法人の人がまとめ買いなどでも定番モデルです。
スポンサーリンク
15インチ以上

Dynabookの軽量15インチ「ZZ75/L」を「LG gram」と比較してみた

15インチの軽量モデルの筆頭といえばLG gramの「15Z990」シリーズですが、Dynabookの「ZZ75/L」は性能重視の軽量15インチを目指しました。DynaBookとLG gramはどのような違いがあるのか。比較してみました。
15インチ以上

Dynabook(旧東芝)BTOのAZ45、65の後継、Kナンバーのご紹介

「AZ45G、65G」の後継として出てきたKナンバーのご紹介です。ローエンドの25を除いた発表となり、上位モデルのみGと平行しての販売が続きます。オプテインメモリやPCIe接続のSSDを搭載した15インチなら、Kナンバーがおススメです。
13と14インチ

「RZ53」をDVDドライブ付きモバイル同士で比較してみたら

DynabookがRZ73や83の後継として出してきたRZ53シリーズ。重さ1.4kgでも敢えて残したこのラインナップは、一部の人達にとって必要なものでした。時代に逆行するような、ドライブ付きモデルがなぜ必要とされるのか、をご紹介します。
15インチ以上

Dynabook(旧東芝)BTOパソコンAZ25G、45G、65Gの全ラインナップ

DynaBookの「PAZ25、45、65」シリーズの2019年前半での最新モデルをご紹介します。2018年夏モデルと書いてあってもOfficeを積み替えた2019年版です。前回に引き続き、T75と近似価格で性能も画質もアップできます。
13インチ未満

Dynabook VZ62、72、82シリーズ(旧東芝)の全ラインナップ

旧モデル一覧記事からDynabook(旧東芝)のVZシリーズのみを抜き出し、同モデル全ラインナップを並べてみました。人気のTruNoteはメモノートとして、書いた後で線の太さや色を変えられるなど便利機能満載。会議や授業の録音も全てこれ一台。
スポンサーリンク