dynabook GZシリーズが受注可能になりました。出荷まで日数がかかりますのでご注意下さい。

15インチ

スポンサーリンク
15インチ以上

VAIOの新パソコン、S15(2019年モデル:VJS1531)がおすすめ

VAIOが出してきた新型15インチは、今まで以上にハイエンド志向でした。一般のご家庭には高尚すぎるでしょうか? いいえ。濃密な時間を過ごす大人にだけ許された贅沢に必要なもの。そんな大切な時間を共に過ごす、新しいS15をご紹介します。
15インチ以上

Dynabook(旧東芝)BTOパソコンAZ25G、45G、65Gの全ラインナップ

DynaBookの「PAZ25、45、65」シリーズの2019年前半での最新モデルをご紹介します。2018年夏モデルと書いてあってもOfficeを積み替えた2019年版です。前回に引き続き、T75と近似価格で性能も画質もアップできます。
15インチ以上

Acerの15インチ「SF515-51」が1kg弱、「A515-53」は性能とコスパ

先日に続き、Acerのノートパソコン第二弾。今度は15インチでありながら1kg切りを果たした「SF515-51T-H58Y」シリーズ。加えて、PCIe接続SSDモデルの15インチノート「A515-53-H58U/K」をご案内します。
15インチ以上

DynaBook T75(旧東芝)よりPAZ25、45、65のBTOパソコンがお得な理由

安い価格から高性能まで揃っており、画面が綺麗で動きもいい。DynaBookの「PAZ25、45、65」は、ご家庭使いの定番モデルです。特に店頭モデルのT75シリーズで迷われている方はこちらへ。ダイレクトで買う方がお得な理由が書いてあります。
15インチ以上

DynaBook(旧東芝)パソコンBTOの15インチPAZ15、35、55シリーズ

国内パソコンの中では、ほぼ最安と言われているDynaBookのPAZ15、35、55という奇数シリーズ。地味な黒一色、光沢のないノングレアであれば、それでも使いやすい性能は格安で手に入ります。法人の人がまとめ買いなどでも定番モデルです。
13と14インチ

Surface book 2、Studio 2 購入の薦め、価格全比較表

Surface関連記事が続きます。 今回は「Surface Book 2」と「Surface Studio 2(以後、略して表記)」のご紹介です。 どちらも特徴的な位置づけで販売されているので、購入に関して必要となるツボを抑える...
15インチ以上

富士通BTOパソコンのAHシリーズを動作確認してみた

富士通製品の新製品情報(WA2/D1)に加えて、i3-7100Uという、一般的なローコストPCの動作確認をしてみました。一般的なOfficeを中心にして「i3にするべきかi5以上にしておくか」の線引が分かるようになります。
15インチ以上

富士通BTO・15インチノートの価格と性能の比較、解説付き

ハイエンドからローエンドまで。富士通PCの基本となる15インチシリーズのご紹介です。およそ国内メーカーとは思えないほど幅の広い選択肢は匠の技が生きる富士通ならでは。多くのニーズに答えることができる色とりどりのノートパソコンをご紹介します。
スポンサーリンク