→ → ALPACAのオススメパソコンランキング in 2021 ← ←

Dell Inspiron 14(5415)全ラインナップ & Ryzen 5 5500U実機レビュー

14インチ海外PCメーカー製品情報

2020年春の売れ筋であるRyzen5000シリーズ搭載機種ですが、まだそのラインナップは一部のメーーカーに絞られています。

今回は、その中でも特に人気の「Dell Inspiron 14(5415)シリーズ」をご紹介します。

Dell Inspiron 14 5415 シリーズ全ラインナップ&実機レビュー

画像をクリック、またはタップで購入ページに飛びます

「Inspiron 14(5415)」シリーズの特長

位置付けと特長

・アルミニウムの本体により質感が良い。指紋も付きづらい。

・Ryzen 5000シリーズを搭載しており、コストパフォーマンスに優れた14インチノートPC。記事アップ時点での最安は85,000円弱から(クーポンの割引率が良ければ6万円台)。

・基本的にメモリ8GB構成のみ。空きスロットはあるので裏蓋を外せる方なら増設は可能(あくまでも自己責任で)。

・一部の海外メーカー機種共通:初期設定はマルチメディアキーボード

・一部の海外メーカー機種共通:マルチメディアキーボード

国内メーカーのキーボードで慣れている人が、この機種を購入すると最初に戸惑うのがここだと思いますので特長として記載しておきます。カタカナ変換しようとF7キーを押すと明るさ調整が起動します。海外向けに設定されているため、FNキーとESCキーで通常の挙動に変更可能です(詳しくはキーボードの項目にて)。

 

アルミニウムの本体により質感が良い。指紋が付きづらい

筐体の全面がアルミニウム素材により質感が良いです。

通常、安いモデルですと強化プラスチック(樹脂製)が使われ気味ですが、そうならないところに人気モデルとなる理由があります。安価モデルでも安っぽくない、というのは重要な要素です(詳しくは外観の項目にて)。

 

Ryzen 5000シリーズを搭載しており、コストパフォーマンスに優れた14インチノートPC。記事アップ時点での最安は6万円円台から

ここも特筆すべき点です。

外観だけでなく、内部性能も優れています。

Ryzen 5000 シリーズの詳細は内部性能の項目で解説していますが、同じ価格帯のIntel製と比べるとその違いは一目瞭然です。ただ、気を付けないといけないのは、潜在的なパフォーマンスを数値化するベンチマークほど全てのアプリで動きが良くなるわけではありません。また、電力供給のない状態、電力設定が一つ落ちた状態で稼働させると著しくパフォーマンスが低下しやすい作業が多くあります。

14インチモデルは、その大きさと重さから内外とどちらでも使われますが、固定電源のある場所で、バッテリー駆動時でも最も高い電力設定での短時間駆動なら高いパフォーマンスを発揮します。

ネットには過度なキャッチコピーが過ぎる記事もありますが、派手に言われているほどではなく、あくまでも低価格帯の中では性能が良い、ということです。

 

基本的にメモリ8GB構成のみ。空きスロットはあるので裏蓋を外せる方なら増設できる

同じRyzen 5000シリーズを搭載したライバル機としてある Lenovo の IdeaPadシリーズ(例えば当記事で紹介している「Inspiron 14(5415)」に対する「IdeaPad Slim 550(14)」など)は、メモリ16GB構成が最初から用意されています。

このRyzen 5000シリーズの本来あるパフォーマンスを引き出すには16GB以上が必要で、実は8GBだけでは同格のIntel製8GBモデルと大して変わらない挙動です(ベンチの数値はすこぶる良いですが、この乖離が一部の実性能を知る方からRyzenを避けられる理由でもあります)。

ただ、それでもこの価格帯で手に入るところに意味があります。安い価格帯で手に入れておき、メモリはご自身で増設、換装を考えれば10万円そこそこで動きの快適なPCが手に入ります。この点、Lenovoの「IdeaPad Slim 550(14)」はメモリがオンボードですから増設、換装はできません。

ここが二社を選ぶ一つの分かれ目ですが、裏蓋を外すことが面倒だったりそういったスキルは持ち合わせていないけどパフォーマンスは落としたくない、というならLenovo。自分でメモリくらい入れられる、というならDell、という切り分け方になります。

 

ACアダプタのプラグがストレート型。ケーブル内断線にお気をつけを

Dell Inspiron 14(5415)のストレートプラグと他社の一般的なL字型プラグ

「Dell Inspiron 14(5415)」のACアダプタと本体を接続するプラグはストレートの丸口になっています。Type-C全盛の時代にストレートの丸口は今時は珍しいので特長の一つとして追加しておきます。

詳しくはACアダプタの項目で記載していますが、このタイプのACアダプタを長く使用する場合、PC本体とACアダプタの置き場所に気を付けないとケーブル内断線が起きやすいです。どんなケーブルもそうですが、無理な方向に折り曲げながら使うと危険ということです。

 

「Dell Inspiron 14(5415)」の外観について

Dell Inspiron 14(5415)のプラチナシルバー(左)とピーチダスト(右)

色合いは二色、プラチナシルバーとピーチダストがあります。

全ての性能で二色を選べるのではなく、基本色となっているのはプラチナシルバーで、ピーチダストは一部の機種にのみ絞られます。

デザイン的な特徴

こちらではプラチナシルバーの実機でデザインをご紹介します。

「Inspiron 14(5415)」プラチナシルバーのデザイン

全体的に明るいシルバーをしており、余計な装飾はなく、今時のスタイリッシュな印象を受けます。

先に書きましたが、指紋が付きづらいアルミニウム素材で肌触りも良いです。

シルバーの色合いは男女どちらにも好まれますし、仕事でも私用でも使える無難な色合いです。

Dell Inspiron 14(5415)・プラチナシルバー:天板

全体的にベゼルが細く、14インチノートPCのスタンダードなスタイルと言えます。

横幅は約32.1cm。重さは1.442 kg。

Dell Inspiron 14(5415)・プラチナシルバー:正面

ベゼル内側と一部の部分のみ強化プラスチックですが、ほとんどがアルミニウムというのは強度の面で安心です。14インチですと内外兼用で使われる方が多いと思いますが、たまに外に持っていって多少の荒い使い方にも耐えてくれそうです。

Dell Inspiron 14(5415)・プライバシーシャッター

また、このモデルにはプライバシーシャッターが付いています。

モニター上部のインカメラを物理的に開閉できますので、直観的に操作できますし、何より、普段から閉めておけば安心できます。ただ、操作するスライドバーやカメラアイが小さいので、目の悪い人は操作に難儀するかもしれません。右が閉め、左が開けです。

Dell Inspiron 14(5415)・プラチナシルバー:右側

画像にある左右の写真までがヒンジの開く最大角度ですので、開きっぱなしにしたところに無理な圧力をかけてしまって、ヒンジをバキッとやってしまわないよう気をつけましょう。そうした経験のある人で不安な方は180度開くことのできる「Inspiron 14(7415)2 in 1」もオススメです。

Dell Inspiron 14(5415)・プラチナシルバー:左側

廃熱口はモニター下部にあります。

手の置くパームレスト側まで熱くなることはないので、高回転させても問題はありません。

Dell Inspiron 14(5415)・プラチナシルバー:ヒンジ内側

裏側もすっきりとしたデザインで余計な装飾はありません。

Dell Inspiron 14(5415)・プラチナシルバー:裏蓋

14インチはどのメーカーもA4サイズより一回り大きいくらいです。横幅はほとんど変わらないくらいですが縦に2cm弱ほど大きいです。ここが14インチの扱いの難しいところですが、毎日の持ち歩きには不便な重さと大きさですが、たまに持っていくくらいなら問題ない範囲です。

自宅や事務所内で使うにはテンキーがない分、事務作業には不向きなことも少なくありません。一台で内外兼用どちらでも済ませたいという方は必要になりそうであればテンキーとセットで買うのが良くある買い物のパターンです。

Dell Inspiron 14(5415)・プラチナシルバー:大きさ比較

念のためお伝えしておきますと、同じDellでも兄弟機種の「Inspiron 14(7415)2 in 1」がタッチパネル付きになります。7415は天板が少し落ち着いた色合いのシルバーなのですが、パームレストがペブル グリーンという、うっすらと緑がかったシルバーです。色合いが渋い方が良いという方だと7415のペブル グリーンの方も併せてお考え頂くと良いかもしれません。

(左)Inspiron 14 7415 2in1、(右)Inspiron 14 5415:それぞれの天板

(左)Inspiron 14 7415 2in1、(右)Inspiron 14 5415:それぞれのパームレスト

 

接続口について

「Inspiron 14(5415)」の接続口

USB3.2のType-Aが左右にあるのが地味に嬉しいです。コスト優先だと基板の関係から左右どちらかに偏る傾向にありますが、このモデルは左右に散らしています。

Type-Cに関してはPD充電対応で、Display出力も対応です。念のため「エレコム製DST-C09BK」と「mreechan(Huawei)製ASIN:B07X659B4Z」で3枚モニターまで試しましたが、それぞれで安定したモニター出力を確認できました。ただ、Thunderbolt には非対応ですから、大容量データの高速転送はできません。

結論、大容量のデータ移動の必要がない方がモニターを増やして在宅で使う時などでは、コスパ良く活躍できる機種と言えます。

「Inspiron 14(5415)」をType-Cアダプタ経由で三枚出力テスト

HDMI + HDMI HDMI & D-Sub15ピンmini
エレコム製DST-C09BK
3枚可
mreechan(Huawei)製
3枚可
3枚可

 

キーボードについて

「Inspiron 14(5415)」のキーボード

打鍵感は良いです。横のピッチが 19.05 mmと広めで、縦が18.05 mmと若干狭いですが気になるほどではありません。

今回の機種になってようやくEnterキーが日本語向けの逆「字の形状として横に広がりました。今までのDellのキーボードではここが細くてEnterキーを押そうとする度にイラッっとすることが多くありました。今回から広めになって本当に良かったと思います。

また、安価モデルではバックライトキーボードが削減されやすい部分ですが、バックライトキーボード付きです。「Inspiron 14(5415)」の場合、マルチメディアキーボードではF5キーにて(一般設定では FN + F5 にて)バックライトの強弱やオンオフを切り替えられます。

「Inspiron 14(5415)」のバックライトキーボード

以下、しばらく使って気になったところを挙げておきます。

①キーボード内右上に電源ボタンがある。

これはコスパ優先機としては仕方がない部分ですが、海外メーカー中心によくある造りです。慣れればどうということはありませんが、Shiftキー+ Deleteキーを同時押しで不要ファイルを完全削除しようとした時に、手元を見ないままだと電源ボタンを押しかねません。キーボード右上にDeleteキーがある仕様で慣れた人ほどここで電源ボタンを押してしまってスリープモードへ入るなどもよくあるパターンです。または右上にBackSpaceがあるのに慣れた人でも同様です。気になる方は電源ボタンを押した時の設定を変更しておきましょう。

※タップかクリックで開けます。

電源ボタンの設定変更方法

※Windowsの更新を一度入れないと、検索窓で日本語を入力してもヒットしません。ネットに繋げず一度も更新していない場合は システム > 電源とスリープ から入っても同様の設定部分にたどり着けます。

スタートメニュー左下にある歯車マークをクリック。

電源ボタン設定1

設定画面内の検索窓で「電源」と入れると、「電源とスリープの設定」が出てくるので、クリックして中に入ります。

電源ボタン設定2

「電源の追加設定」をクリック。

電源ボタン設定3

「電源オプション」の中に入り、左上にある「電源ボタンの動作の選択」をクリック。

電源ボタン設定4

ここにある「電源に接続」のコマンド内にある「電源ボタンを押したときの動作」を「なにもしない」に変更して保存すればOKです。

電源ボタン設定5

②矢印キーが逆T字になっていない

ここもコスパ優先機にはよくある造りです。

矢印キーの左右が広めになっているので、手元を見ないままショートカットでカーソル移動や画面遷移を行う人は場所が分かりづらいです。もっとも、ここも値段相応という部分があり、この価格帯で手に入るキー配列としては避けられません。Lenovoなどでも同様の造りです。また、そうしたショートカット移動をしない人には欠点たりえませんので、ご自身のお使いに合わせてお選び下さい。

③マルチメディアキーボードが標準設定

海外メーカーを扱うことに慣れている人にとっては特筆する部分ではないのですが、日本メーカーに慣れている方がこのモデルを買うと最初に調べる部分だと思いますので記載しておきます。

日本語のカナ変換はF7キーですが、F7キーを押した際にはモニター輝度が上がっていきます。

これは「マルチメディアキーボード」と言い、海外メーカーの一部の機種に見られる設定です(Lenovoだとこの設定になっていないことがほとんど。HPはまちまち。Dellはがっちりマルチメディアキーボードで出してます)。

キーボード上部にあるFNキーで行う特殊操作(音量やモニター輝度の調整など)が、FNキーとの組み合わせなしで反応します。そのためファンクション操作が多い人にとっては便利なのですが、日本語は全角入力にカナ変換があるので、日本人には不向きな設定といえます。

切替え方はこちらの公式ページに掲載されている通り簡単です。

BIOSから変更する方法もありますが、ESC + FN だけで気軽に切り替えられます。日本語入力しない時や、ネットコンテンツを楽しみたい時に切り替えると便利かもしれません。

 

非光沢のFHD液晶

液晶パネルは「CYHFW_140HCA」でしたが、これは「Inspiron 14(7415)2 in 1」で使われているのと同じ型でした。

全ての兄弟機種がこの型ではないと思いますが、14インチに多く採用しているようです。

Dell Inspiron 14(5415)の液晶パネル「CYHFW_140HCA」:Color ACの色度図、i1Display Proによる輝度測定、LUT表示

輝度は239cd/㎡と一般的な明るさで、色域はsRGBカバー率が63.8%。Adobeカバー率が48.2%。

広い色域ではないものの、この価格帯で手に入る一般的な範囲です。どこまでこだわるかの話ですが、日常使いで不便に感じることはないと思います。また、やや緑色が強めに出ていますが、これも気にならない程度です。

Dell Inspiron 14(5415)のモニター正面から

次にモニターの視野角の広さを確認します。

Dell Inspiron 14(5415)の視野角の確認:文字

写真でも確認できますが、かなり斜めから見ても文字を読むことができます。これならどの角度からでも見やすく、使いやすい液晶と言えます。

念のため画像でも確認しましたが、やはり斜めからでも鮮やかさは変わりません。見やすい液晶だと思います。

Dell Inspiron 14(5415)の視野角の確認:画像

 

Inspiron 5415 の裏蓋を外す、メモリ増設など

Inspiron 5415の裏蓋は長さ同一の7本のビスと、内側から噛んでいる小さな爪により閉まっています。

Dell Inspiron 14(5415)の裏蓋ビス×7本の位置

このモデルはメモリ交換できますし、慣れた人ならストレージ交換も容易です。

ただ、裏蓋を外すのが少し面倒で、内側から噛んでいる細かい爪がそこそこ固くて数が多いです。開ける際に無理に引っ張って爪を折らないようにお気をつけ下さい。小さい爪なので折れやすいです。

特にヒンジ近くの二本のビス(上図◎の)は完全に裏蓋から取れずにくっついたままですから、緩めては蓋を浮かせて、内側からフックしている爪を徐々に外し、また緩める、を繰り返して外してゆきます。

この辺りで苦戦する方は、「Inspiron 14 5415」のサービスマニュアルをご覧下さい。ここには裏蓋の外し方からパーツ毎にバラす手順まで全て書かれています。

「Inspiron 14 5415」のサービスマニュアルより

Dell Inspiron 14(5415)の裏蓋外し途中

外すことさえできれば、あとは容易です。

搭載されていたメモリはSK hynix(Hyundai)製の「HMAA 1GS6CI6CI6N-NX」でした。

ノートPC用の260pinで「DDR4 3200MHz PC4-25600」が適合する筈ですが、あくまでも自己責任でお願いします。もちろん、交換後はメーカー保証対象外になりますので、もし、調子がおかしくなって修理に出す時には増設したメモリを元に戻してからにしましょう。改造した車を車検に出すのと同様です。

Dell「Inspiron 14(5415)」の裏蓋を外した状態

アルパカではメモリ16GBまでしか試していませんが、どうも他の人の話では32GBまで認識するようです。今はSSDと共にこのクラスのメモリが手軽な値段で買えますので、ご予算が許されるようであれば、デュアルチャネル対応のもので二枚揃えて交換するのをオススメします。8GB買って挿すだけでももちろん大きな効果はあります。ただ、デュアルチャネルの機構は基本的に同じチャネル同士のメモリでないと効果がないのでパフォーマンスを重視するなら二枚とも揃えておいた方が良いです(もちろん例外はありますが、組み合わせを調べるのは難儀します。結果、同メーカーが安牌)。

Dell「Inspiron 14(5415)」最初から装着されていたSK hynix(Hyundai)製のメモリ

なら最初から装着されていたSK hynix(Hyundai)製のメモリを8GB×1枚買えばいいと思うのですが、検索すると適合するものが一般販売されていないことに気づきます。

そのため、アルパカのオススメとしてはこの辺りです。Crucialは安定しており値段も安く、加えて永久保証付き。型として適合するとは思いますが、動作確認までは取れていませんので、挑戦されるようであれば、自己責任でどうぞ。

 

ACアダプタについて

「Inspiron 5415」に同梱されているACアダプター「LA65NS2-01

ACアダプタの長さは170+80=250cm。重さは325g。
定格電力は65Wとなっており、メガネケーブルは国内向けの125V用です。

今時にしては珍しくソケットの形が丸口のストレートタイプです。
もう21年くらい前ですが、当時はストレートタイプのソケットを使用したPCが多く出回っていました。
このタイプは一方向に折り曲げられながら使い続ける人が多かったことから断線故障が多発し → L字型を採用するメーカーが多くなった、という経緯があります。L字を採用するとコストがかかりますから、販売メーカーのジレンマとなる箇所でもありました。

逆を言えば、この部分を無理な角度で使い続けることがなければ断線しません。それを把握された上で、ご心配な方は予備の互換アダプタ「LA65NS2-01」がAmazonから3,000円程度で買えます。

または汎用性を持たせてスマホでも充電できるようにしておきたい、などを考えられるようでしたらType-Cの充電器からお選び頂くのが良いです。
幾つか試しましたが、基本的にはType-CのPD対応65Wであれば他社製でも問題なく使えました。
ただ、「Dell Inspiron 14(5415)」の場合、定格電力に達しないもので充電しようとすると警告メッセージが出てきます。充電はできていたのですが速度が遅くなりますし、他社製であっても基本的には65Wの充電器がオススメです。

65Wに達しない充電器使用時の警告ポップアップ

そういった意味では、100g少々で持ち運びができる「A65PD3G」あたりがオススメになります(使えるとは思いますが動作確認までは取れていません。自己責任でお願いします)。

「Inspiron 14 5415」の互換アダプタ

使用 PD対応
電力
メーカー 商品型番
18W cheero CHE-324
20W AUKEY PA-F3S-WT(White)、PA-F3S-BK(Black)
45W Anker PowerPort Atom III Slim (Four Ports)
65W Dynabook Type-CのDynabook共用ACアダプタ「PAACA048

※ケーブル別売りの充電器は全て「Anker PowerLine III USB-C & USB-C 2.0 ケーブル (0.9m) 超高耐久 60W PD対応」を使用しました。

 

「Inspiron 14(5415)」シリーズの内部性能について

「Inspiron 14(5415)」搭載Ryzen 5500U

「Inspiron 14(5415)」搭載Ryzen 5500Uをメモリアップ後の差

Ryzen 5 5500Uの性能を調べて思ったこと

プロセッサーやメモリの素の能力やポテンシャルをそのまま計測するのは指標として大切だと思うのですが、使う人にとって分かりやすく説明するには、やはり実用性で目安となるPCMark10が良いと思っています。

そういう意味でまず、メモリ8GBの結果が以下の通りです。

PCMark10・Dell Inspiron 14(5415)、Ryzen 5 5500U + メモリ8GBにて

「Inspiron 14(5415)」搭載Ryzen 5 5500U、メモリ8GBのAC電源あり最も高いパフォーマンス時

「Inspiron 14(5415)」搭載Ryzen 5 5500U、メモリ8GBのバッテリー駆動時、高パフォーマンス時

ご覧頂くと分かるように、固定電源のある状態ではトータルスコアが4,603ですが、これはIntelのモバイル向け第11世代Core『TigerLake』最上位に匹敵する高いスコアです。「Ryzen凄いんですよ、Ryzen 5はCore i7くらいの性能あるんです」というよくある説明はここから来ています。この説明自体は間違っていません。

画面右下にある電力設定変更の図

しかしながら、これは電力設定が一番高い時に限ります。一つ下の高パフォーマンスモードになると極端に性能が下がります。3,000が快適さの分かれ目と言われるPCMark10で3,004というギリギリのスコアでは普通には使えますが良い動きは期待できません。これはメモリを16GBに増設しても変わりません。

PCMark10・Dell Inspiron 14(5415)、Ryzen 5 5500U + メモリ16GBにて

「Inspiron 14(5415)」搭載Ryzen 5 5500U、メモリ16GBのAC電源あり最も高いパフォーマンス時

「Inspiron 14(5415)」搭載Ryzen 5 5500U、メモリ16GBのバッテリー駆動時、高パフォーマンス時

兄弟機種の「Inspiron 14(7415)2 in 1」に同系統のメモリが入っていたので、付け替えて16GBにしてからの計測結果です。

メモリ16GBに換装した時には5,150をマークしました。この価格帯のPCは一通り見てきましたが、素晴らしいの一言に尽きます。5,000をクリアするモバイル機はあまり多くありません。それが10万円そこそこで手に入るとは。実に良いですね。

PCMark10のトータルスコア(AC電源あり時となし時の比較)

※PCMark10の最新情報はこちらにまとまっています。併せて見て頂けると分かりやすいと思います。

しかし、バッテリー駆動時、電力設定が一つ落ちると、途端にi5にも届かないスコアに変わります。上図の通り(白枠の二つは「Inspiron 14(5415)」で最初から選べる構成、緑枠の二つは「Inspiron 14(7415)2 in 1」で選べる構成)。

ここがIntel Coreとの大きな違いの一つです。Intel Core でも電源設定が一つ下になり、バッテリー駆動ともなればスコアが大きく下がります。ただ、下げ幅がRyzenの方が大きいようで、作業によっては速度が半分まで落ちます。実際の挙動を試してみても、ああ、電源設定違ってたかな、と気づくことはあっても、Coreだと面倒だからそのまま今の仕事を終わらせてしまおう程度に考えられます。しかしRyzenだと「仕事にならない。すぐに切り替えないと」と思うくらいに変わります。

じゃあモバイル向けの機体はIntelが最強なのか、というと実はそうでもありません。ここがまた面白いところなのですが、実はIntelも電力設定が下になると極端にパフォーマンスが落ちる動作を幾つか確認しています。しかし、それは特定のアプリで特定の動作をさせた時だけに限るので、範囲が狭いのです。

例えば、一般的なネットブラウジングは誰でも行う基本操作ですが、主要な三つのブラウザで見た時には以下のようになります。

WEBXPRT3・Dell Inspiron 14(5415)、Ryzen 5 5500U と Ryzen 7 5700Uメモリ8GBにて
Ryzen 7 5700U + 8GB(8×1)Ryzen 5 5500U + 8GB(8×1)

WEBXPRT3-Dell Inspiron 14(7415)2-in-1+8GB

WEBXPRT3-Dell Inspiron 14(5415)+8GB

これはブラウジングの速度を測るWEBXPRT3をグラフ化したものです。

Inspiron 14(7415)2 in 1」搭載のRyzen 7 5700UではChromeやEdgeに比べればFirefoxが相性が良いことが分かりました。しかし、それよりも電力設定が一つ下がっただけで半減するパフォーマンスの悪さが目に止まる筈です。また、実際にネットサーフィンをしていても、電力設定が変わればすぐに分かるほど動きも変わります。

これはメモリ16GBにしたところであまり変わりません。

WEBXPRT3・Dell Inspiron 14(5415)、Ryzen 5 5500U と Ryzen 7 5700Uメモリ16GBにて
Ryzen 7 5700U + 16GB(8×2)Ryzen 5 5500U + 16GB(8×2)

WEBXPRT3-Dell Inspiron 14(7415)2-in-1+16GB

WEBXPRT3-Dell Inspiron 14(5415)+16GB

メモリ増設すると電力設定が一つ下の時の伸びより、最も高い電力モードの方が伸びています。つまり、苦手分野をカバーするより得意分野をより伸ばす作用の方が大きいのです。比較用として、同じモバイル機で同格のGZ/HPシリーズ(Core i5-1135G7搭載機)での計測を以下に挙げておきます。見比べて頂ければ分かりやすいと思います。

ダイナブック GZ/HPシリーズW6GHP5CZBW・Core i5-1135G7のWEBPRT3

これを弱点と捉えるか、特長と考えるかでRyzenに対する評価は分かれます。モビリティに何を求めるのかと言う話にもなり、内外どちらでも使える14インチという製品では、最も評価が分かれる分岐点たりえます。

もし、これをお読みになっている方が「ほとんど外では使わない。基本的に家使用」と割り切るのであれば、当記事のRyzenシリーズはオススメになります。しかし、そうでないなら、他社も含めてIntel製をお考え頂く必要があるかもしれません。

全データはこちらの記事にてまとめてありますので、より詳細に知りたい方はご覧下さい。

 

「Inspiron 14(5415)」搭載Ryzen 5 5500Uの高負荷パフォーマンス推移、「2分間の壁」

次に高負荷パフォーマンス推移になります。

電源設定:最も高いパフォーマンス時電源設定:高パフォーマンス時(バッテリー駆動時)

「Inspiron 14(5415)」Ryzen 5 5500U にOCCTで負荷100%をかけた時の推移(最も高いパフォーマンス時)

「Inspiron 14(5415)」Ryzen 5 5500U にOCCTで負荷100%をかけた時の推移(高パフォーマンス:バッテリー駆動時)

見て頂くとお分かりのように、最初に周波数がガツンと上がった後は二分弱のハイパフォーマンス状態を維持します。80度に達することはありませんが、二分を過ぎると高熱状態を避けるため電力量が絞られ、同時に周波数も低下します。逆を言えば2分以内の高負荷作業は得意です。

また、電力供給のないバッテリー駆動時に高パフォーマンスモードで駆動させた場合、実は最高周波数を維持できる時間帯が2分から3分に伸びます。その代わり、そこまでの電力上昇が緩やかになるため、瞬間的なレスポンスは大幅に低下します。短距離走の選手が中距離用になるイメージです。

最も高い電力設定時の2分間の壁を意識しておくなら、外出先でバッテリー駆動時に二分以内の短時間作業でサッと済ませてしまう、という手段も見えてきます。ただし、それを過ぎるようなら電力を取られる割にはパフォーマンスは低下するばかりなので、電力設定を一つ落とした方が良いです。

ちなみにRyzen 7をお考えの方は、兄弟機種の「Inspiron 14(7415)2 in 1」にてレビューしていますので、そちらも見た上でお選び頂ければと思います。

 

「Inspiron 14(5415)」のストレージ速度(CrystalDiskMark)

これはもう素直に早くて良いストレージを積んでいると思います。読み込みで3000超えるようならまとまったデータを扱うのも得意です。下2段のランダム系も良い数字ですから体感的な速度も快適な範囲と言えそうです。

「Inspiron 14(5415)」の本体ストレージ:CrystalDiskMark7.0にて計測

 

「Dell Inspiron 14(5415)」Ryzen5000シリーズ、ラインナップ一覧

Dellのパソコンを買う場合、各購入ページの入り口にあるクーポンコードをコピペして注文画面右上の適用欄に張り付け、クーポンを適用をクリックしましょう。これだけで大幅なお値引きが適用されます(割引率は時期により変動します)。

入り口でクーポンコードをコピペし忘れた方はこちらにて最新クーポン情報が掲載されています。または、下図のようにクーポン適用欄のある注文画面左下にある赤い矢印部分にもありますので、こちらからコピペをどうぞ。

クーポンコードの適用欄

また「プレミアムサポート(プラス)」や保証についてなど、Dell製品を選ぶ際に迷いやすい部分はこちらの記事を読むと分かりやすいと思います。

ご注意 Wifi 5モデルの販売に関して

2021年8月時点で、DellはWifi6搭載機種とWifi5搭載機種を平行して販売しています。

(左)Wi-fi6対応 (右)Wi-fi5

Wifi6になると、ルータや環境が対応していれば、理論値では1.4倍の速度になると言われており、複数台を同時に繋げても速度が落ちづらいです。一般の環境で大容量の通信を行わない方には、あまり関係ありません。

念のため、アルパカが価格の更新をするタイミングで一緒にWifiが5か6かを確認していますが、途中で急に変わる可能性があります。ご注文前にWifi のバージョン情報がお間違えないかご確認下さい。

アルパカが確認したものは、機種ごとに定められているキャンペーン名に分かりやすく「Wi-Fi6」と色分けして記載しています。

 

Inspiron 14(5415)Ryzen 5 5500Uシリーズ

Inspiron 14 (5415)
Ryzen 5 5500U搭載モデル
カラー プラチナシルバー ピーチダスト
初期OS Windows 10 Home
プロセッサー Ryzen 5 5500U
2.1/4.0GHz<6C12T>
PassMark 13,770
PCMark10 ACあり最高:4,603
バッテリー駆動時、高:3,004
グラフィック APU内蔵(AMD Radeon Graphics)
メモリ 8GB(8×1) / 最大32GB
PC4-25600(DDR4-3200)
ストレージ 256GB
(M.2 2280, PCIe-NVMe)
ディスプレイ 14.0型 FHD 液晶 (1920×1080ドット)
LEDバックライト 光沢なし
1,920×1,080
キーボード 日本語 バックライトキーボード
セキュリティ 指紋認証選択可
無線通信
Wi-Fi 5 or 6 AX200 2×2 (Gig+) + Bluetooth 5
質量 約 1.442 kg
バッテリー Youtube再生実働時間 約10時間15分
リリース 2021/4/14
キャンペーン名
特典
Officeの有無
発注コード
クーポン適用後
【夏の限定・即納】プレミアム(Wi-Fi6・Office H&B・ワイヤレスマウス付) 【長期お得保守・即納】プレミアム(Wi-Fi6・Office H&B付)
動画像編集ソフト「Cyberlink PowerDirector & PhotoDirector」、1年間 アクシデンタル ダメージサービス付き、指紋認証付き 3年間 引き取り修理
3年間 アクシデンタル ダメージ サービス、指紋認証付き
MS Office Home & Business 付
smi101fspcaa08on3ijp
smi101fspcaa08oh3wjp
¥ 93,938 ¥ 93,418
キャンペーン名
Officeの有無
発注コード
クーポン適用後
【即納】プレミアム(Wi-Fi6・Office H&B付)
指紋認証付き
MS Office Home & Business 付
smi101fspcaa08oh3ojp
¥ 87,911
キャンペーン名
Officeの有無
発注コード
クーポン適用後
プレミアム(Wi-Fi6・Office付) プレミアム(Office付)
指紋認証なし(選択可) 指紋認証なし(選択可)
MS Office Personal 付 MS Office Personal 付
 cai101fspcaa08oo3ojp  cai101fhlcaa08oo3ojp
¥ 80,936 ¥ 80,056
キャンペーン名
Officeの有無
発注コード
クーポン適用後
【長期お得保守】プレミアム 【即納】プレミアム(Wi-Fi6搭載)
Office なし
cai101fhlcaa08on3wjp smi101fspcaa08on3ojp
指紋認証なし(選択可) 指紋認証付き
¥ 72,576 ¥ 69,277
キャンペーン名
Officeの有無
発注コード
クーポン適用後
プレミアム  プレミアム(Wi-Fi6搭載)
指紋認証なし(選択可) 指紋認証なし(選択可)
Office なし
 cai101fhlcaa08on3ojp  cai101fspcaa08on3ojp
¥ 66,856 ¥ 67,736

※価格は全て税込、送料込みの表記です。
2021年9月17日現在の価格にて表示しています。
※納期は流動的に変動します。リンク先のページにて表記されていますので、ご注文の前にご確認下さい。
※バッテリーは「Youtube再生実働時間」にて表示していますが、構成内容により差異が出ます。アルパカが確認した範囲での大まかな目安とお考え下さい(輝度50%、音量40%、夜間モードオフ HDRビデオのストリーミングオフ、自動調節機能はオフ、無線LANとBluetoothはオン。ACを抜いた時のデフォルト設定、高パフォーマンスにて稼働させ続けた時の稼働時間として計測)。
※このシリーズには光学ドライブと有線LANが搭載していませんので、項目を割愛しています。
※カスタム選択項目は割愛しています。Dellの場合、カスタマイズすればするほどコスパが悪くなると思った方が良く、カスタマイズしないと手に入らない内容でない限りは、上記の初期構成のまま買うのがオススメになります。

 

軽くご家庭で使うことや大容量のデータを扱うことがなければ、Ryzen 5にメモリ8GBの組み合わせでも十分に役立ってくれます。ただ、アプリによる相性のありなしがありますので、一般的な用途では使わないようなものはパフォーマンスが落ちることもありえます。

Dellの場合、見ての通りキャンペーンや納期の長短により注文ページが分かれています。ですが基本的な本体構成は変わりません。納期や特典を気にするかどうかでお選び頂けると良いと思います。

仮に納期や特典を気にせず、Officeや指紋認証もいらなければ、最安6万円台半ばから(記事アップ時点での価格)。

充分すぎるくらいの激安価格です。

 

Inspiron 14(5415)Ryzen 7 5700Uシリーズ

Inspiron 14 (5415)
Ryzen 5 5500U搭載モデル
カラー プラチナシルバー ピーチダスト
初期OS Windows 10 Home
プロセッサー Ryzen 7 5700U
1.8/4.3GHz<8C16T>
PassMark 12,633
PCMark10 ACあり最高:4,763
バッテリー駆動時、高:3,078
※上記の数値は全てメモリ8GBのInspiron 7415で計測。
グラフィック APU内蔵(AMD Radeon Graphics)
メモリ 8GB(8×1) / 最大32GB
PC4-25600(DDR4-3200)
ストレージ 512GB
(M.2 2280, PCIe-NVMe)
ディスプレイ 14.0型 FHD 液晶 (1920×1080ドット)
LEDバックライト 光沢なし
1,920×1,080
キーボード 日本語 バックライトキーボード
セキュリティ 指紋認証選択可
無線通信
Wi-Fi 5 or 6 AX200 2×2 (Gig+) + Bluetooth 5
質量 約 1.442 kg
バッテリー Youtube再生実働時間 約13時間17分
リリース 2021/4/14
キャンペーン名
特典
Officeの有無
発注コード
クーポン適用後
【夏の限定・即納】プラチナ(Wi-Fi6・Office H&B・ワイヤレスマウス付) 【即納】プラチナ(Wi-Fi6・Office H&B付)
動画像編集ソフト「Cyberlink PowerDirector & PhotoDirector」、1年間 アクシデンタル ダメージサービス付き、指紋認証付き 指紋認証付き
MS Office Home & Business 付
smi104sspcaa08oh3ijp smi104sspcaa08oh3ojp
¥ 107,789 ¥ 101,772
キャンペーン名
Officeの有無
発注コード
クーポン適用後
プラチナ(Office付)
指紋認証なし(選択可)
MS Office Personal 付
cai104shlcaa08oo3ojp
¥ 96,056
キャンペーン名
Officeの有無
発注コード
クーポン適用後
プラチナ  【即納】プラチナ(Wi-Fi6搭載)
指紋認証なし(選択可) 指紋認証なし(選択可)
Office なし Office なし
cai104shlcaa08on3ojp smi104sspcaa08on3ojp
¥ 82,856 ¥ 83,138

※価格は全て税込、送料込みの表記です。
2021年9月17日現在の価格にて表示しています。
※納期は流動的に変動します。リンク先のページにて表記されていますので、ご注文の前にご確認下さい。
※バッテリーは「Youtube再生実働時間」にて表示していますが、構成内容により差異が出ます。アルパカが確認した範囲での大まかな目安とお考え下さい(輝度50%、音量40%、夜間モードオフ HDRビデオのストリーミングオフ、自動調節機能はオフ、無線LANとBluetoothはオン。ACを抜いた時のデフォルト設定、高パフォーマンスにて稼働させ続けた時の限界稼働時間として計測)。
※このシリーズには光学ドライブと有線LANが搭載していませんので、項目を割愛しています。
※カスタム選択項目は割愛しています。Dellの場合、カスタマイズすればするほどコスパが悪くなると思った方が良く、カスタマイズしないと手に入らない内容でない限りは、上記の初期構成のまま買うのがオススメになります。

 

Ryzen 7 5700Uの構成がこちらになります。

アルパカは兄弟機種の「Inspiron 14(7415)2 in 1」で計測しましたが、ベンチマークはおおよそ同じスコアと考え、そのものを記載しています。

正直なところ、Ryzen 5までであればメモリ8と16GBの違いは極端ではありませんので強くはオススメしません。ですが、Ryzen 7 5700Uの場合、PCMark10 ACあり最高:4,763(メモリ8GB)に対して、PCMark10 ACあり最高:5,369(メモリ16GB)まで上がります。

それでいて、この構成での最安が81,000円台(記事アップ時点)というのは、明らかに打倒Lenovoを目指しているのが伺えます。今までDellはIntel寄りで売りに出していただけに、ここから方向転換するのかどうか、見ものです。

残念なのは、そこまでのプロセッサーを搭載できる機体でありながら、最初からメモリ16GBの選択肢がなかったことです。今後、出てくるのかもしれませんが、今のところは自分で裏蓋を外すしかありません。または、裏蓋を外すのが面倒だったり、タッチパネルありきで考える方は「Inspiron 14(7415)2 in 1」が良いかもしれません。ただ、その分、少しばかりお値段が上がります。

良い点としてはバッテリー駆動がRyzen 5の時よりもやや長いこと。同じ54Whバッテリーを搭載しているのですが、電力推移を見るとRyzen 7の方が高パフォーマンス時の電力の上昇が抑えられて一定して推移します。その分、電力効率が上がるようで、そうした部分が長時間駆動に繋がるようです。

 

Inspiron 14(5415)Ryzen 7 5700U + 16GB シリーズ

Inspiron 14 (5415)
Ryzen 5 5500U搭載モデル
カラー プラチナシルバー ピーチダスト
初期OS Windows 10 Home
プロセッサー Ryzen 7 5700U
1.8/4.3GHz<8C16T>
PassMark 12,633
PCMark10 ACあり最高:5,372
バッテリー駆動時、高:3,333
※上記の数値は全てメモリ8GBのInspiron 7415で計測。
グラフィック APU内蔵(AMD Radeon Graphics)
メモリ 16GB(8×2)/ 最大32GB
PC4-25600(DDR4-3200)
ストレージ 512GB
(M.2 2280, PCIe-NVMe)
ディスプレイ 14.0型 FHD 液晶 (1920×1080ドット)
LEDバックライト 光沢なし
1,920×1,080
キーボード 日本語 バックライトキーボード
セキュリティ 指紋認証選択可
無線通信
02.11ac 2×2 WiFi 5 + Bluetooth 5
質量 約 1.442 kg
バッテリー Youtube再生実働時間 約13時間17分
リリース 2021/4/14
キャンペーン名
特典
Officeの有無
発注コード
クーポン適用後
プラチナ(大容量メモリー・Office付) プラチナ(大容量メモリー搭載)
指紋認証付き 指紋認証なし(選択可)
MS Office Home & Business 付 Office なし
cai201shlcaa16oo3ojp cai201shlcaa16on3ojp
¥ 103,096 ¥ 89,896

※価格は全て税込、送料込みの表記です。
2021年9月17日現在の価格にて表示しています。
※納期は流動的に変動します。リンク先のページにて表記されていますので、ご注文の前にご確認下さい。
※バッテリーは「Youtube再生実働時間」にて表示していますが、構成内容により差異が出ます。アルパカが確認した範囲での大まかな目安とお考え下さい(輝度50%、音量40%、夜間モードオフ HDRビデオのストリーミングオフ、自動調節機能はオフ、無線LANとBluetoothはオン。ACを抜いた時のデフォルト設定、高パフォーマンスにて稼働させ続けた時の限界稼働時間として計測)。
※このシリーズには光学ドライブと有線LANが搭載していませんので、項目を割愛しています。
※カスタム選択項目は割愛しています。Dellの場合、カスタマイズすればするほどコスパが悪くなると思った方が良く、カスタマイズしないと手に入らない内容でない限りは、上記の初期構成のまま買うのがオススメになります。

 

新しく加わったメモリ16GBモデルです。今までは裏蓋を外して自分で入れ替えないといけませんでしたので面倒でしたが、ようやく最初からRyzen7のパフォーマンスを生かせる仕様として登場しました。

ただ、2021年8月中旬現在、メモリ16GB構成はWifi5までの対応機種のみ、となっています。

Wifi6でいながらメモリ16、というパーフェクトモデルが欲しい方は、やはり8GBモデルを購入して、自分で裏蓋を外してメモリを増設する必要があります。

 

「Inspiron 14(5415)」シリーズのまとめ

最近は多くのメーカーで14インチが売れ筋になっていますが、このシリーズはその最前線を行く人気機種です。

Ryzen プロセッサーが入ってお値段安くて済みますので、なんといってもコスパ優良であることは誰もが認めるところでしょう。

ただ、電力設定により挙動がかなり変わること、アプリと作業内容により相性の良し悪しがかなり分かれること、など癖のある性能をしているのも確かです。

そのため、あまり持ち運びをしない、または持ち運んだ先で固定電源を確保できる方なら、一般的な用途では十分にオススメできる良い機体です。

 

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
シェアする
パソコン選びのコツ

コメント