→ → モバイル機ならバランスの取れた dynabook GZシリーズが売れてます ← ←

最新PC

スポンサーリンク
15インチ以上

Dynabookの軽量15インチ「ZZ75/L」を「LG gram」と比較してみた

15インチの軽量モデルの筆頭といえばLG gramの「15Z990」シリーズですが、Dynabookの「ZZ75/L」は性能重視の軽量15インチを目指しました。DynaBookとLG gramはどのような違いがあるのか。比較してみました。
15インチ以上

Dynabook(旧東芝)BTOのAZ45、65の後継、Kナンバーのご紹介

「AZ45G、65G」の後継として出てきたKナンバーのご紹介です。ローエンドの25を除いた発表となり、上位モデルのみGと平行しての販売が続きます。オプテインメモリやPCIe接続のSSDを搭載した15インチなら、Kナンバーがおススメです。
15インチ以上

VAIOの新パソコン、S15(2019年モデル:VJS1531)がおすすめ

VAIOが出してきた新型15インチは、今まで以上にハイエンド志向でした。一般のご家庭には高尚すぎるでしょうか? いいえ。濃密な時間を過ごす大人にだけ許された贅沢に必要なもの。そんな大切な時間を共に過ごす、新しいS15をご紹介します。
15インチ以上

Dynabook(旧東芝)BTOパソコンAZ25G、45G、65Gの全ラインナップ

DynaBookの「PAZ25、45、65」シリーズの2019年前半での最新モデルをご紹介します。2018年夏モデルと書いてあってもOfficeを積み替えた2019年版です。前回に引き続き、T75と近似価格で性能も画質もアップできます。
15インチ以上

Acerの15インチ「SF515-51」が1kg弱、「A515-53」は性能とコスパ

先日に続き、Acerのノートパソコン第二弾。今度は15インチでありながら1kg切りを果たした「SF515-51T-H58Y」シリーズ。加えて、PCIe接続SSDモデルの15インチノート「A515-53-H58U/K」をご案内します。
13と14インチ

VAIOのSX14より5~7万円安いおすすめ14インチPC、AcerのSwiftシリーズ

SX14は多くの人から憧れの的となる一方、常に「値段が高すぎる」と言われることも。ですが、同じ14インチでありながら1kg下り値段が5万円以上も安いSwiftシリーズはあまり知られていません。今回はそんなAcerの14インチをご紹介します。
スポンサーリンク