当サイトは常に開発されています。アップした記事とサイトマップは適宜、修正、最適化されてゆきます。

NEC Direct(BTOのパソコン)を安く購入する手順をまとめてみた

先日、NECパソコンをご紹介しましたが、「どうやって選べばいいのか結局分からない」という声を頂きました。

そこで今回は購入するための手順をご紹介します。

ただし、ダイレクト(直販)コーナーは好きな性能で買うことができるので便利なのですが、組み合わせてからの配送になるので、どうしても手元に届くまでお時間がかかります。

NEC Directの場合は、おおよそ10日ほど考えて頂ければ、と思います。

急いでいるけどダイレクトで買いたい人へ
メーカーにより納期は大幅に変わります。国内メーカー最短は東芝ダイレクトで、特別な時期でもなければ8~9割は翌日出荷、関東圏なら二日後着、といったところです。
ダイレクトは不要なものを取って値段を下げたり、より高い性能で買うことができる魅力があります。お考えの際は早めのご決断を。
「今日、すぐに必要!」という人は、お近くの量販店で在庫のある一般モデルを購入するしかありません。

 

 

 

スポンサーリンク

NEC Directのクーポンについて

NECはもっぱら3種類のクーポンが用意されています。

一般検索で購入ページに最初から出ている「一般クーポン」。

こちらのNECのバナーを通ると出てくる「ちょい強めクーポン」。

メルマガ会員に向けた「もうちょい強めクーポン」。

はっきり言ってしまえば、上記3パターンは1%ずつ(たった1%!?)しか違いません。

面倒な会員登録でかかる手間暇を考えれば、下記のバナーから入って「ちょい強めクーポン」で購入するのがお勧めです。

こちらでは、以下の「ちょい強めクーポン」を使って購入する手順をご案内します。

メルマガ会員は121wareへの登録とは違います
メルマガ会員=121wareへの登録ではありません。121Wareは購入した製品の製品登録と一緒になっているので、原則、NEC製品を購入していないと登録ができません。121wareは購入後の登録となります。
メモについて
途中、メモしておいて下さい、という部分が何箇所かあります。
コピペでもいいですが、もし、Windowsパソコンで見ている場合は、snippingツールも便利です。左下の検索窓に「sn」と入力してみみて下さい。よほど古いOSでない限りsnippingツールが出てくる筈です。これは画面そのものを画像として保存することができるので、丸ごと取っておきたいときに早くて役に立ちます。

 

NEC Directの最も簡単な購入手順の紹介

手順1 バナーを通じて購入ページへ移行

上記バナー(どちらでもいいです)でクリックして入ると、以下のようなページに入ります。

このページ上部にある「広告限定優待クーポン」が「ちょい強めクーポン」なので、これをコピペなどして、どこかしらメモ帳などに張っておいて下さい。

ちなみに、この画像は2018年の年末の画面ですが、時期が来れば画面の構成内容やクーポンの番号は変わります。

ただし、普通に買うより「ちょい強め」に買えるのは変わりません。

アウトレット品について
アウトレット品は何かしらの理由があって売れ残った品(未開封品が基本)を、再販売したものです。その為、再発送できる体制ができているだけあって、届くのは早いです。
ただ、数が少なく入れ替わりやすいので、性能で「これがお勧め」などのご紹介がしずらいことから、今回は割愛します。

 

手順2 選べるモデル一覧を確認する

最初の画面にずらずらと色んなモデルが並んでいます。

最初にやることは、この中から、あなたが欲しいパソコンの形状を選ぶことです。

2018年年末のNECパソコンを形状分けすると、以下のようになります。

 

◆15インチノート
LAVIE Direct NEXT
新型一般ノート

LAVIE Direct NS
従来の一般ノート

 

◆モバイルノート
LAVIE Direct HZ
モバイル13インチ

LAVIE Direct NM
モバイル11.6インチ

 

◆デスクタワー型
LAVIE Direct DT
画面と分離した本体がタワー形状になっている。

 

◆デスク一体型
LAVIE Direct DA(H)
画面とパソコン本体が一体になった上位機種

LAVIE Direct DA(S)
画面とパソコン本体が一体になった下位機種

 

形状は写真を見て頂ければおおよそ分かると思います。

次にモデルがいつ発売されているのか、モデルの前についている季節を確認します。

見て頂くと分かる通り、「2018年秋冬」「2018年夏」「2018年春」…他、旧モデル、などとなっています。

パソコンは年に3回のモデルチェンジをするので、このように直近一年間の中で「三つの季節+旧モデル」に分かれているわけです。

当然、新しくなれば性能は良くなりますが、NECのように、それぞれの季節のパソコンが並んでいる状態の場合、特別な理由がない限りは、ほとんどの販売員が最新パソコンを売ろうとしません。

なぜなら、最新になれば(当たり前ですが)高くなるからです。

パソコンの内部性能を見た時に、年に一度の変革があるのはCPUが変わった時くらいのものです。

逆を言えばCPUが変わらなければ、大きな性能差はないという言い方もできてしまいます。

そのため、最近ではCPUが新しくなった時以外は、モデルチェンジをしないまま継続販売する(またはカラーバリエーションを増やす程度の)メーカーも増えてきました。

そこで、皆さんがお得に買い物をするにはどうしたら良いのか。

単純に新旧を比べればいいのです。

比べるのはCPUだけで良いです。

近年ではCPU以外の大きな変更点はそうそうありません。

 

手順3 季節違いのパソコン性能を把握する

あなたが目当てとするのがデスクならデスクを。

モバイルノートならモバイルノート、で最新パソコンの項目を開きます。

今回のNECで言うなら2018年の秋冬の中から選びます。

※分かりやすいように、画像例では一番人気の15インチノートPCでの例えで用意しています。

上記画像にある部分をクリックして、シリーズ毎の説明画面に移動しましょう。

もちろん、ここには商品情報がたくさん書かれていますが、ひとまず全部後まわしでいいです。

どんなに良いことが書いてあっても、エンジン部分が弱いと話にならないので、優先順位の高い順に確認した方が早いです。

ちなみに、この画面では上の方に形状別に移動するリンクもあります。

すると以下のような画面に飛びます。

選べるCPUがここにも書いてありますが、ここには代表的なのしか書かれていませんので、用があるのはこの先です。進みます。

 

すると、以下の画面になります。

ここが内部性能を含めた、細かい選択画面なので、ここに書かれているCPUをメモないしコピペして下さい。

今回の2018年秋冬モデルのLAVIE Direct NEXTシリーズではどうやら

Uシリーズは

インテル® Core™ i3-7020U プロセッサー (2.30GHz)
インテル® Core™ i5-8250U プロセッサー (1.60GHz)
インテル® Core™ i7-8550U プロセッサー (1.80GHz)

の3種類を選ぶことができて…

Hシリーズは

インテル® Core™ i5-8300H プロセッサー (2.30GHz)
インテル® Core™ i7-8750H プロセッサー (2.20GHz)

の2種類が選べるようです。

では次に、先ほどの画面に戻って頂いて、今度は2018年夏モデルで同様にCPUの確認をします。

同じCore iのCPUが搭載されているもの同士で比較するので、NSシリーズの中のここ↓を選びます。

先ほどと同じようにクリックして先に進み…。

同じように細かい選択画面に入り、CPUを確認します。

 

2018年夏モデルのNSシリーズでは

インテル® Core™ i3-7020U プロセッサー (2.30GHz)
インテル® Core™ i5-8250U プロセッサー (1.60GHz)
インテル® Core™ i7-8550U プロセッサー (1.80GHz)

おや?

Uシリーズだと全く同じ型番だというのが分かります。

つまり、今回の秋冬モデルになったら、Hシリーズが追加されただけです。

Hシリーズが欲しい人だけが秋冬モデルを選べば良いことになりますね。

では、Hシリーズとはそれほど良いCPUなのでしょうか。

 

手順4 新旧モデルに入っているCPUの比較方法

CPUの比較方法は簡単です。

ざっくり言うと、以下のCPU一覧表からPassMarkの数値を比較すれば良いのです。

分かりやすく、NECの2018年夏と秋冬モデルの15インチノートパソコンに入っているCPUは、以下のように比較できるわけです。

 

NECの15インチノートPC・PassmMark比較
秋冬Core i7-8750H12487
Core i5-8300H9458
Core i7-8550U8333
Core i5-8250U7668
Core i3-7020U3543

 

個人的にはこれを見ると「NECも随分と変わったなぁ」という印象です。

さて、このグラフで力の強さは一目瞭然ですね。

なるほど、確かにHシリーズは素晴らしい馬力を出してくれます。

Core i7-8750Hであれば、本来はデスクトップに入れるようなハイパワーCPUです。

動画の編集だったら「Adobe Premiere Pro」や3Dモデリング系は「Rhinoceros(ライノセラス)」など、グラフィックボード必須のソフトを使いたい人でなければ、大体なんとかなるでしょう。

例えば、あたなが一般のご家庭用で使う15インチのノートパソコンを欲しいとしましょう。

その時に、この比較ができていれば、わざわざ新型の秋冬モデルから選びたいと思うでしょうか?

つまり、先ほど「特殊な理由がなければ、ほとんどの販売員が最新モデルを売ろうとしない」という理由がここにあります。

CPUの世代が変わったり、SSDのような新技術が導入されれば別ですが、そうでなければ内部性能に関しては、最新を選ぶ必要がない。

だったら、夏モデルに的を絞って選択画面に入ればいいだけです。

もちろん、最新世代はデザインが良かったり、新しい独自機能が追加されている可能性はあります。

もし、それらに注目するのであれば、先ほど通り過ぎた選択画面の前のページにあった写真と説明文でおおよそ分かります。

そういったわけで今回は夏モデルのNSに的を絞れたので、先ほどの細かい選択画面に戻って選ぶことにしましょう。

 

手順5 選択してゆく時に抑えておくべきところ

NECだけに限った話ではありませんが、すべからくキャンペーンになっている部分は安くなっているので、それを選んでおくと割安になります。

NECの場合は分かりやすく赤字でキャンペーン価格などと書かれているので、そこが狙い目です。

ちなみに見て頂くと分かる通り…

CPUは「i5-8250U」が「i3-7020」より安いという…。

よほどi5で割安感を出したいのでしょう。

ですので、ここは迷わず「Core i5-8250U」を選ぶとしましょうか(i7まで必要でなければ)。

以下、私がお勧めする構成内容で選択してみた画面です。

一般ご家庭用ハイエンドSSDモデル

 

この選択内容の意味するところは、「SSDが早いって聞いた」という利便性を知っている、速度の遅いのを嫌う一般のご家庭向けです。

15.6インチで重さは2.2Kgであれば持ち運びには適しません。

パソコンを外的要因で壊してしまう人は圧倒的に持ち運ぶモデルで「落としてしまった」が多いものです。
ですから、家の中なら大丈夫だろうと判断して物損保証の「あんしん保証サービスパック」を割安ではありましたが、あえて取りました。

ただ、今のキャンペーン状態だと「メーカー保証サービスパック」が3年でも5年でも値段が同じだったので、お得な5年版に延長しています。

また、家だとパワーポイントを使わない人が多いので、ワード、エクセル、アウトルックまでが入っており、パワポ抜きの「Microsoft Office Personal 2016」を選択しています。

代わりにNECの純正マウスを付けて、すぐに使えるように。

家で置いておき、写真や音楽は外付けやオンラインに入れて頂ける方に使って頂きたい内容です。

この組み合わせで税込128,000円台。

保証は一切いらないと割り切るなら121,000円台まで落ちます。

マウスも不要なら11万円台へ。

もし、ここで「いや、やっぱり写真や音楽をパソコン内に入れておきたい」とか、「ひょっとしたら気づかないでもっと高い性能が必要かも」という不安があるようでしたら、

をご参考にして頂き、必要そうな性能を調整して頂ければと思います。

 

手順6 クーポンの適用画面へ

これがまた分かりづらいのですが、全て選び終わったら右上に戻って「カートへ」をクリックしてみて下さい。

 

すると、以下の内容確認のページに入ります。

ここで内容を変更したいのであれば戻れますが、特に問題なければそのまま進みます。

 

税込の最終価格がここで出ます。

左下にある「クーポンコードを入力」で使うクーポンを入力(コピペ)して「適用」をクリック。

クッキー情報に登録された情報として残っていれば、そのまま自動入力してくれていると思います。

適用したら右下の「購入手続きへ進む」をクリック。

 

手順7 ログイン用のIDを取得(持っている人は入力)

すると、このような画面に。

NEC Directは購入するのに専用IDを必要とします。

登録自体は簡単にできますし、維持費も何もかかりません。

ログインIDを取得する人は上記の部分をクリックして中に入ると、以下のような入力画面になるので、一通りの入力を。

 

入力後、「同意する」のラジオボタンをクリックして先に進みます。

 

手順8 購入者情報入力と支払い方法選択、そして購入確定へ

その後、購入者情報を入力し、支払い方法を選択。

もし、表記のお届け先情報と購入者が違うようであれば、下のチェックボックスにチェックを入れればお届け先情報の入力欄が出ます。

そのままで良ければ、「ご注文内容の確認」をクリック。

 

すると、以下のような最終確定画面になります。

ここには構成内容や支払い方法、お届け先など一通りが出ています。

必ず最終確認をしましょう。

全て問題なければ、右下の最終確定のクリックを。

 

以上で一通りNEC Direct の注文までの手順になります。

どうぞ、楽しいパソコンライフをお楽しみ下さい!

コメント