→ → ALPACAのオススメパソコンランキング in 2020 ← ←

DynaBook(旧東芝)のBTO定番15インチノートPC、BZ35、55シリーズ

15インチ以上 製品情報

今回ご紹介する「BZ35/N」「BZ55/N」は、今までにあった「AZ35」及び「EZ35」シリーズの後継機種にあたります。

もっとも、外観や接続口は変わらず、SSDが全機種PCIe接続になって速度が上がったくらいで大きな違いではありません。

そのため、基本性能や機能の説明は前回と同様にしています。

※2020年4月29日、旧モデルの在庫が完全になくなりました。「EZ15/L」「EZ35/L」「EZ55/L」及び「EZ35/P」「EZ55/P」の別記事をご覧になろうとした方は、全ての情報がまとめられた、当記事にリダイレクトされるよう設定されています。

Dynabook BZ35/N、BZ55/Nsシリーズ

法人様のご購入(領収書)について
法人名義でダイレクトモデルをご購入される場合、特に領収書が発行されるかどうかを気にされる方が多いと思います。
多くの直販パソコンでは、領収書代わりとして使用できる証明書を発行しています。
ダイナブック(旧東芝ダイレクト)も「出荷納品証明書」というのを商品と一緒に送付できます。
こちらをクレジットカードの明細書などと一緒にすれば、ほとんどの会計処理は通ります。
手順としては、注文完了後に出てくる受注番号を「DynaBookあんしんサポート」に連絡して、そのように希望を伝えれば良いだけですので簡単です。
どうしても「領収書」でなければいけない場合。
支払い方法をコンビニ払いなどにして頂ければ、支払ったコンビニ店の領収書として受け取ることができます。
また、法人窓口からご購入いただけると、支払い方法が「カード一回払い、または銀行振り込み」のどちらかしか受け付けられませんが、それで問題がなければdynabook(株)発行の「領収書」を出してもらうこともできるようになっています。
ご注意点:カタログモデルとダイレクト(BTO)価格について
カタログモデルとダイレクト(BTO)について
カタログモデルは、別名店頭モデルとも呼ばれ、家電量販店での販売用にカタログに記載されたものです。これに対し、ダイレクトモデルとは、メーカーから直販サイトを通して買うPCのことです。カタログモデルは代表的な性能のみ販売され、ダイレクトモデルは幅広い組み合わせが対応可能です。ただし、ネットを通じて買うので、手元に届くまで時間がかかります。価格は時期により変動するので、どちらの方が安いとは言えません。ただ、ダイレクトモデルでなければ手に入らない性能が多いため、総じてダイレクトをオススメすることが多いです。
「東芝Direct」から「DynaBook Direct」への表示変更について
「東芝Direct」から「DynaBook Direct」への表示変更について
2019年以降、名称が「東芝ダイレクト」からシャープ傘下の「Dynabook Direct」に正式変更となっています。
基本的なサービス、連絡先、製品内容は何も変わりません。
ただ、値段を下げるための会員登録システムは「Room DynaBook(旧Room1048)」から「COCORO MEMBERS」へ変更となっています。
「COCORO MEMBERS」とは
「COCORO MEMBERS」とは
Dynabookの親会社となる、シャープの会員登録のことです。
〈登録するだけで大幅に値段が下がります〉
かつては東芝の会員登録として「Room DynaBook(旧Room1048)」が、同じ役目を負っていましたが、Dynabook自体が東芝からシャープの傘下に入ったことにより、登録作業もシャープのものに変更されました。
年会費も維持費もかかりません。当サイトに表示しているダイレクトモデルの値段は、全て会員登録後の価格になっています。

DynabookのノートPCで15インチノートと言えば、昔ながらのフラットキーボードで良く売れる「EZ15」「EZ35」「EZ55」のシリーズになります。

法人まとめ用としても、ご家庭用としても定番です。

「EZ35/L」の後継機種といっても、同じ筐体を使っていますし、CPUは若干型番が上がっただけの同じ第8世代CPUを積んでいます。

他、Wifi6の11axに対応し始めた点など、細かいバージョンアップがあります。

ですが、基本的には「普通の使い方しかしないし、目新しい機能もいらないから無難に使いやすいのを安く買いたい」という方へのオススメ機種であることに変わりありません。

色は単色、黒のみ。指紋認証や顏認証などはありません。

液晶は全てノングレア(光沢無し画面)で、キラキラ感はありませんが、その反面、目が疲れませんので実用性はあります。

「The お仕事用」という雰囲気が漂う無味乾燥な15インチモデルですが、それでも「見た目なんて気にしない。コスパが良くて使いやすければ」という人から絶大な人気があります。

特に法人からの人気が高く、複数台のまとめ買い15インチの鉄板機種となっています。

「海外メーカーの15インチも安いのですが、いかんせんショートカットの配列が違ってしまうので…」と迷う方は多くいらっしゃいます。

今まで国産メーカーのパソコンを使ってきた方が、これまでと同様の使い心地を求めるならこちらがオススメです。

兄弟機種としてオシャレな色合いが目を引くのは、「AZ25、45、65」や「CZ45/L、CZ65/L」。または「AZ45/K、AZ65/K」などの偶数発番シリーズです。明るい色合いで人気があります。

しかし、値段を抑えるなら当記事のEZ奇数発番シリーズでしょう。

DynaBook(旧東芝)がそもそも他社に比べると割安なので、その中でも「やや安い」というのは、国内メーカーでは、ほぼ最安。

それだけ安くても、サポートや保証がしっかりしてますし造りはいいので、抑えるべきところはしっかり抑えたモデルと言えましょう。

旧「EZ35/P」と新「BZ35/N」の違うところ

外観は旧来のものと変わりありません。インターフェイスも同様です。

「BZ35/N」と「BZ55/N」の外観(天板)

「BZ35/N」と「BZ55/N」の外観(正面)

ただし、2020年11月10日リリースモデル(BZ35/N、BZ55/N)では、いよいよHDDがなくなり全てSSDに。それもPCIe接続になりましたので、体感的に分かるほど速度が上がりました。

単純に言うと、HDDで1分の作業がSATA接続のSSDで10秒強へ。PCIeになったことで5秒ほどで作業を終えることができます。

それでいて価格は1,000円 ~ 2,000円程度しか違わないことがほとんどですので、在庫があって納期が問題なければ、新モデル「BZ35/N」と「BZ55/N」から買うのがオススメです。

「DynaBook BZ35/N、55/N」シリーズ(2020夏モデル)性能表

BZ35/Nシリーズ、i5 ~ i7モデル

シリーズ名 BZ35/N i3 ~ i5モデル
OS Windows 10 Home 64ビット
カラー ■ ブラック(木目調)
CPU Core i5-8265U
1.6/3.9GHz<4C8T>
PassMark理論値 7,492
Cine R20(M)1,401
Core i3-8145U
1.2/3.4GHz<2C4T>
PassMark理論値 5,410
Cinebench R20(M)955
メモリ 8GB(8GB×1)/最大16GB
ストレージ SSD(PCIe)
512GB
SSD(PCIe)
256GB
SSD(PCIe)
256GB
光学
ドライブ
DVDスーパーマルチドライブ
ディス
プレイ
FHD TFTカラー LED液晶
(ノングレア・IPS)1,920×1,080ドット
※ディスプレイサイズは15.6インチです。
無線通信 IEEE802.11ax+a/b/g/n/ac準拠
Bluetooth Ver5.0
有線LAN 1000Base-T/100Base-TX/10Base-T
(自動認識、Wake-up on LAN対応)
サウンド インテル ハイ・デフィニション・オーディオ準拠
ステレオスピーカー、デュアルマイク
接続口 [右側]USB3.0×2、SDカードスロット×1、
HDMI出力端子×1、RGB(15ピン ミニD-sub 3段)×1
[左側]USB3.0×2、LANコネクタ×1、
ヘッドセット/ヘッドホン端子×1
質量 約2.4kg
バッテリ
(JEITA 2.0)
約7.5時間
リリース 2020年11月10日
Office Microsoft Office Home & Business 2019
(Office搭載モデルのみ)
officeなし
期待価格
W6BZ35CNBC W6BZ35CNBD W6BZ35CNBH
¥86,680 ¥73,480 ¥64,680
officeあり
期待価格
W6BZ35BNBC W6BZ35BNBD W6BZ35BNBH
¥105,380 ¥92,180 ¥83,380

※価格は全て税込表記です。
2020年11月26日現在の価格にて表示しています。
※納期に関して「最短 翌営業日出荷」ができますが、型番により変わります。また、土日祝祭日と棚卸期間の営業停止日は出荷できません。ご注意下さい。
※バッテリーはJEITA2.0にて表示しています。
※直近の営業日カレンダーはこちら

 

最も多く売れている鉄板モデルがi5、8GB、256GB構成でOffice付きの「W6BZ35BNBD」です。ご家庭用からお仕事用途まで、幅広く使えるのに割安です。

次いでi3の「W6BZ35BNBH」ですが、この辺りは性能も価格も小刻みなので、i3でできないけどi5だとできる、という作業があるわけではありません。単にレスポンスがやや違うというくらい。3年以上経った際の速度の減衰が i5 の方が少し軽減される、というくらいです。

また、このシリーズは2019年春モデル以降は裏蓋の一部が外れるようになっており、ユーザー側でメモリ交換、増設がしやすくなっています。不慣れな人も+ドライバーと僅かな金額だけでメモリ16GBにできるのは嬉しいところ。ただ、静電気でパーツを壊してしまわないよう、お気を付けを。

作業量が多くて多重に窓を開いては切り替えて使い続ける。その時間数も長い、という時にはメモリアップがオススメです。

加えて言うと、このモデルはメモリスロットは二つですが、片方に8GBが挿さっているだけですから、残り8GBを一枚買って入れるだけ。2020年冬の値段なら+3,000円前後でメモリ16GBにできます。

バルク版でよろしければ、適合するメモリはこの辺り。

※あくまでも自己責任でどうぞ。
※Dynabookはメモリを交換しても本体の保証が対象外になりません。きちんと対応してくれますので、安価に交換増設できるものはオススメしています。

 

DynaBook EZ55/N、i7モデル

シリーズ名 EZ55/N i7 モデル
OS Windows 10 Home 64ビット
カラー ■ ブラック(木目調)
CPU Core i7-8565U
<2C4T>(1.80/4.60GHz)
:PassMark理論値 7,670
:Cinebench R20(Multi)1,518
メモリ 8GB(8GB×1)/最大16GB
ストレージ SSD(PCIe)
512GB
SSD(PCIe)
256GB
光学
ドライブ
DVDスーパーマルチドライブ
ディス
プレイ
FHD TFTカラー LED液晶
(ノングレア・IPS)1,920×1,080ドット
※ディスプレイサイズは15.6インチです。
無線
通信
IEEE802.11ax+a/b/g/n/ac準拠
Bluetooth Ver5.0
有線LAN 1000Base-T/100Base-TX/10Base-T
(自動認識、Wake-up on LAN対応)
サウンド インテル ハイ・デフィニション・オーディオ準拠
ステレオスピーカー、デュアルマイク
接続口 [右側]USB3.0×2、SDカードスロット×1、
HDMI出力端子×1、RGB(15ピン ミニD-sub 3段)×1
[左側]USB3.0×2、LANコネクタ×1、
ヘッドセット/ヘッドホン端子×1
質量 約2.4kg
バッテリ 約7.5時間
Office Microsoft Office Personal 2019
(Office搭載モデルのみ)
officeなし
期待価格
W6BZ55CNBA W6BZ55CNBB
¥96,580 ¥84,480
officeあり
期待価格
W6BZ55BNBA W6BZ55BNBB
¥115,280 ¥103,180

※価格は全て税込表記です。
2020年11月26日現在の価格にて表示しています。
※納期に関して「最短 翌営業日出荷」ができますが、型番により変わります。また、土日祝祭日と棚卸期間の営業停止日は出荷できません。ご注意下さい。
※バッテリーはJEITA2.0にて表示しています。
※直近の営業日カレンダーはこちら

 

Office付きで10万円を越えてきますが、ちょっと重たいZoomやTeamsを使ってのやり取り、一太郎であるとか、チャットによる平行作業の代名詞である「フランツ(Franz)」あたりを使うならオススメです。

i7といっても第8世代ですから、PassMark理論値 7,670はそうした一般的な使い方に終始します。ちょっとしたクリエイティブ作業もできますが、パワポに張り付ける資料的な写真加工やプリインストールされているPowerDirecterでの動画編集くらいまでです。

そこまでできればまったく問題ない、という人は多いのですが、まさしくそうした最大公約数的な多くのニーズに合った機種です。

 

「BZ35/N」「BZ55/N」及び、旧「EZ15」「EZ35」「EZ55」シリーズの特徴、長所と短所

DynaBookのAZ15、35、55のシリーズの一番の特徴はなんと言っても値段、コスパなのは先にご説明した通りですが、それを外して解説すると、以下のような特徴があります。

新しい2019年冬モデルはメモリの交換増設が簡単にできる構造
EZ35と55の2019冬モデル(正確には同年春モデル以降)は、従来機と違って、エンドユーザーが自分で簡単にメモリの交換増設ができるようになりました。
しかも簡単です。
従来機でできなかったことから考えれば、扱いやすくなりました。
もっともDynaBook(株)では旧東芝から受け継いだ業務内容がそのまま生きているそうです。
ですので、メモリ交換できない旧モデルなら適合するメモリを自分で用意すれば工賃無料で入れたり交換してくれます。
また、購入当初にないメモリを入れてもDynaBookなら機体本体の保証はなくなりませんので、ご安心を。
人気ソフトが一通り入っている
これはEZシリーズに限った話ではありませんが、DynaBookは年賀状ソフトや古いパソコンからの引越しソフト、動画の編集ソフトも入っているので、最初から準備もなしに幅の広い使い方ができます(型落ちのAZシリーズだと一部入っていないものもあるのでご注意を!)。
それでいて10万円以下のお値段から手に入るので、ご家庭用、法人用として絶対の人気があります。
バッテリーの取り外しができる
普段、家で使っていたパソコンを外に持っていったらほとんどバッテリーが保たなかった、という経験をお持ちの方は少なくないと思います。
バッテリーを入れたままだと通電しっぱなしなので痛む速度が早いわけです。
このEZシリーズ15インチはすべてバッテリーが取り外せるので、普段から使う必要のないバッテリーなら、外したまま使うことができます(コンセントから電源供給されている状態だとバッテリーを外していてもパソコンは問題なく動きます)。
外出の用事ができた前日に充電しておけば良いわけです。
ただし、バッテリーを入れておかないと使っている時に急な停電などがあった時に強制的に電源が落ちてしまいますので、ご注意を(挿しっぱなしにしてもバッテリーを痛めないようにするならEco設定も用意されています)。↓バッテリーを抜いた状態だとこうなります。
接続口が全て付いている
写真を見て頂くとお分かりのように、Type-C以外は主要接続口は全てついています。
EZの25、45、65モデルだと省かれてしまっていることがあるので、あらゆるものに接続できるようにしておきたいと思うようであればこちらの15、35、55のシリーズがお勧めになります。
フラットなキーボード
これは好みが分かれるところですが、総じてキートップの出っ張っているアイソレーションキーボードを好む人の割合が多いので、欠点として挙げる人もいます。
もっとも、これは長短ある話です。
フラットなキーボードの方がキーの合間に隙間が空いているので、放熱効率が高まり、性能を引き出しやすくなります。
その分、細かなゴミが溜まりやすいという点は残りますが、これはエレコムの「ほこりとり すきま用ブラシ付き」かなんかでササっと拭いていただくとして…。
アイソレーションキーボードはこの逆の長短を持つと思って下さい。
フラットではなくアイソレーションの方が良い、という人はAZ25、45、65のモデルをお選び下さい。
色、デザインが全て同一(木目調の黒のみ)
DynaBookシリーズの黒の中でも、特に人気のある木目調です(細かな横走りの目が刻まれている)。
しかし選べる色が黒一択しかありません。
もっとも、この木目調に見合った色は渋い黒しかないという気もします。
人気はあるのですが、他に選択肢がないという意味では些細な短所になり得ます。
画面の選択肢はノングレア(非光沢)のみご自宅で動画や写真などを楽しまれる方は色映えするグレア(光沢)の機体を選ぶ傾向があります。そうした時に、15、35、55のシリーズはフルハイビジョンのIPS液晶になってもグレアを選ぶことができないことから、短所として挙げておきます。
しかし、一方では、明るい場所で使うと照明が反射して見づらいのがグレア(光沢)画面の欠点です。
この見づらさが目の疲れの原因となるのですが、EZの15、35、55のシリーズは全てノングレア(非光沢)です。
総じて事務的な使い方(調べ物やOfficeなど)が多い方はノングレア(別称アンチグレア:非光沢)を選ぶ傾向がありますし、お仕事だとほぼノングレア一択ですので、EZの15、35、55のシリーズは法人からも人気のある理由になっています。
指紋認証、顔認証がない
今時は多くのメーカーで指紋認証付きのモデルが多く販売されていますが、この15、35、55のシリーズに関しては指紋認証センサーが搭載されていません。
TPMセキュリティチップ(TCG Ver2.0準拠)の機能まで搭載されていますが、それだけに指紋認証とのセットにして欲しかった、というところです。
もっとも、多くの人に「指紋(顔)認証いりますか?」と訊くと9割の人が「いらない」と答えるので、気にならない大多数の人にとっては欠点にはなりえません。

前回の記事で2019冬モデルをご紹介していますが、基本的に全ての造りがほぼ同じですので、変更点以外の説明は同様のものです。

 

比較のために前モデル「EZ15/P」「EZ35/P」「EZ55/P」2020春モデル(次ページ)は残しておきます。2020年11月下旬時点では、まだ在庫がありますので、お安くなっているようなら一考の余地ありです。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
シェアする
パソコン選びのコツ

コメント