→ → モバイル機ならバランスの取れた dynabook GZシリーズが売れてます ← ←

13と14インチ

スポンサーリンク
13と14インチ

新型Dynabook G(GZ)の2020年春モデル、6コアの Comet Lake 搭載

2020年の春、筆頭の売れ筋となりそうな新しいdynabook G(GZ)が販売を開始しました。旧東芝改め、dynabook株式会社が搭載した新しいCPUはいよいよ6コア。軽量ながらハイパワー、それでいて長時間が欲しい人には断然オススメです。
13と14インチ

Lenovoで最も売れているIdeapadの14インチ「S540」の全ラインナップ

前回書いた「S340」の兄弟機種になります。一歩、上を行く機能、性能は安価PCならざる満足感を提供してくれることでしょう。何しろ、安いということは内部性能を上げやすくなりますから、それだけ高性能を手にいれやすいと換言できます。
13と14インチ

Lenovoの最良コスパ王道パソコンIdeapad「S340」の全ラインナップ

全メーカー通して見ると、およそ最安でありながら、高い性能を併せ持つLenovoの「S340」シリーズ。「パソコンにお金はかけたくない。でも遅い機体は嫌…」そんな人はこのシリーズをいかがでしょうか。お値段4~5万円前後からオススメです。
スポンサーリンク
13と14インチ

DynaBook(旧東芝)のBTO「SZ73シリーズ」はコスパ優良のモバイルPC

国内メーカーの軽量安価のモバイルPCと言えばNECの「LAVIE Note Mobile(Direct NM)」やDynaBookの「RZ63」でした。今回は、さらにお安くお得になったコスパ優良モデル「SZ73シリーズ」をご紹介します。
13と14インチ

DynaBook(旧東芝)のBTO「UZ63シリーズ」は絶妙な打ち心地

旧東芝時代の最終期に設計され、シャープ傘下になってEGZOパネルを組み入れた「UZ63シリーズ」。「GZシリーズ」の影に隠れてしまう脇役ですが、打感の良さやThunderbolt 3など、「UZ63」にしかない良さがあります。
13と14インチ

Microsoftの「Surface Laptop 3(2019年)」価格全比較表

「Surfaceの美しさを気にっていてもタブレットにする必要はない」そう感じた人はLaptopシリーズ2019年最新版の「Laptop3」はいかがでしょうか。アルカンターラも捨てがたいですが、メタル素材のシャープな美しさもオススメです。
13と14インチ

NECの「LAVIE Pro Mobile(Direct PM)」を比較、解説してみた

名機、と呼ばれるものはほんの一握りだけです。約783gからの組み合わせ、最長20時間駆動。何より打感の素晴らしさは、仕事や勉強に打ち込む人にとって最高のツールとなってくれることでしょう。今回はそんな最高の一台をご紹介します。
13と14インチ

「RZ53」をDVDドライブ付きモバイル同士で比較してみたら

DynabookがRZ73や83の後継として出してきたRZ53シリーズ。重さ1.4kgでも敢えて残したこのラインナップは、一部の人達にとって必要なものでした。時代に逆行するような、ドライブ付きモデルがなぜ必要とされるのか、をご紹介します。
スポンサーリンク