当サイトは常に開発されています。アップした記事とサイトマップは適宜、修正、最適化されてゆきます。

13と14インチ

13と14インチ

コスパ最強、国内の小型パソコンなら東芝BTOのRZ63シリーズ

昔ながらの設計。地味な色合い。極少数の店舗にしか置かれず、直販の販売のみ…。しかし、驚くなかれ。実は4年以上の長きに渡り販売され売れ続けている超ロングセラー商品なのです。今回は隠れた名機「RZ63」をご紹介します。
13と14インチ

DynaBookのタブレット型パソコン「DZ83(D7)」をSurfaceやA12と比較

東芝として出してきた最後の機体「dynabook D7(DZシリーズ)」。ほとんどの人が見ないまま年をまたいだ2019年、いよいよ発売開始です。2in1の人気機種、Surfaceと「A12」を横並びにして比べながらご紹介してみます。
13と14インチ

「dynabook G」ダイナブックのお勧めパソコンはシャープのIGZO搭載

旧東芝改め、dynabook株式会社はシャープ傘下でパソコン事業を継続することになりました。鴻海(ホンハイ)の物流とシャープの得意分野である液晶がdynabookに加わるとどうなるか…。30周年に相応しいG(GZ)シリーズをご紹介します。
13と14インチ

VAIO新製品パソコン「SX14」は2019年の目玉PCか!?

VAIOが新生活シーズンに狙いを定めて出してきた新型パソコン「SX14」。色々なパソコンを見慣れている販売員にとっても、それはとても魅力的なものでした。軽量しながら大画面という理想を実現した「SX14」をレビューします。
13と14インチ

VAIOのBTO・モバイルパソコンS11、S13価格と性能の比較

S11とS13。VAIOの中で、常に安定して売れ続けている二枚看板とも言える人気機種達です。「VAIOでモバイルを」と決めていても迷う人が多いのではないでしょうか。機能や性能の選択肢から、二つの機種の比較箇所などをまとめてみました。
13と14インチ

富士通BTO・13インチノートの価格と性能の比較、解説付き

富士通PCの筆頭に上げられるのは絶対的な軽さを持ったUHシリーズです。 世界最軽量の魅力的ですが、最軽量を外れても大容量バッテリーで最長24時間駆動は他社に比べてもダントツに長時間です。組み合わせ自由なSHの魅力も併せてのご紹介です。
13と14インチ

【パソコン・BTO】東芝ダイレクトdynabookの価格入性能表

国内、海外でよく売れているダイナブック。Room1048の会員登録すれば東芝ダイレクトから直接、買うのが一番安いです。しかし、たくさん並んだ中から選ぶのは大変という人も…。そんな方の為に各機種を一覧表に。分かりやすく特徴を解説してみました。
スポンサーリンク