→ → モバイル機ならバランスの取れた dynabook GZシリーズが売れてます ← ←

DynaBookのタブレット型パソコン「DZ83(D7)」をSurfaceやA12と比較

13と14インチ タブレット型PC 最新PC情報

dynabook DZ83シリーズ(BTOモデル)のまとめ

ざっと表にまとめるとこのようになります。

メーカー名マイクロ
ソフト
VAIOダイナブック
(旧東芝)
機種名Surface Pro6A12*D(DZ)
本体が
自立する
××
接続口が
豊富
×
ペンホルダー×
画面の
綺麗さ
CPU×
SSD
ワイヤレス
キーボード
××
質量1080g~1094g1,209~1,223kg1,229g
バッテリー13.5時間16時間10時間
価格普通高い安い

※「A12」はキーボード付きの時。他、全て公式ページからi5、8G、256GBとして比較してみました。

横並びにすると分かりやすくなりますが、「dynabook D7(DZシリーズ)」の特徴を一口でまとめるなら、Surfaceと「A12」の中間を行く機種、と言えます。

A12」にしろ「dynabook D7(DZシリーズ)」にしろ、どちらも明らかにSurfaceを意識して設計されていますが、それぞれの開発陣の試行錯誤が読み取れるようで面白いです。

A12」の方がソリッドに攻めた開発をしており、「dynabook D7(DZシリーズ)」の方が特筆すべき性能はなくとも大きな欠点も見当たりません。

そういった意味ではバランスが取れているのですが、最も特質すべきはコストです。

Surface Pro 6も買い方と時期によってはかなり安くなることもあるのですが、基本金額をタイプカバーやペンを入れて考えるなら「dynabook D7(DZシリーズ)」の方が断然安くなります。

コストを抑えてSurfaceの弱点をある程度補った、という点で高く評価したい機種と言えますね。

タブレットPCのカテゴリーに、また面白いダークホースが出てきたものです。

 

dynabook D7(店頭モデル)の性能表

便宜上、店頭モデルも以下に掲載しておきます。

基本的な内容はダイレクト(BTO)モデルと同様なので、省いて表記しています。

シリーズ名dynabook D7シリーズ
OSWindows 10 Home 64ビット
カラー■ オニキスブルー
[型番][P1D7MPGL]
CPUCore i5-8250U(1.60GHz)
:PassMarkで 7668
メモリ16GB/最大16GB8GB/最大8GB
※メモリの交換・増設はできません。
ストレージSSD (SATA)
1TB
SSD (SATA)
512GB
SSD (SATA)
256GB
質量タブレット本体:約799g
薄型・軽量キーボード接続時:約1,179g
バッテリ
(JEITA 2.0)
約10時間
OfficeMicrosoft Office Home & Business 2016
期待価格
(税込)
¥210,373

店頭モデルの期待価格はあくまでも発売当初のものです。

すぐ価格競争が始まって下落するとは思いますが、それでもダイレクトの金額まで下がるのは、かなり時間がかかると思います。

また、店頭モデルだと、この機種の利点である接続口が多く付いたキーボードドッグが付いてきません。

今のところ、キーボードドッグだけを購入することができないことから(そのうちダイレクトページで用意されると思われる)、やはり店頭モデルは急いで必要な人が買うに留まり、基本的にはダイレクトでの購入がお勧めになります。

 

※タブレット形式にならずとも、通常のノートPCで実戦的に使いやすい機体なら、同時期に出てきた新モデル「dynabook GZ」シリーズもオススメです。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
シェアする
パソコン選びのコツ

コメント