→ → モバイル機ならバランスの取れた dynabook GZシリーズが売れてます ← ←

2019-01

スポンサーリンク
PC初心者向け・基礎

Google Driveの自動バックアップと同期手順、初心者向け

ローカルに保存するのも利点はありますが、安全確実にデータを残しておくなら、オンラインストレージが一番です。安全、便利でしかも無料の「Google Drive」で自動バックアップを取る方法、欠点と対応策などを解説します。
13と14インチ

DynaBookのタブレット型パソコン「DZ83(D7)」をSurfaceやA12と比較

東芝として出してきた最後の機体「dynabook D7(DZシリーズ)」。ほとんどの人が見ないまま年をまたいだ2019年、いよいよ発売開始です。2in1の人気機種、Surfaceと「A12」を横並びにして比べながらご紹介してみます。
13と14インチ

「dynabook G」ダイナブックのお勧めパソコンはシャープのIGZO搭載

旧東芝改め、dynabook株式会社はシャープ傘下でパソコン事業を継続することになりました。鴻海(ホンハイ)の物流とシャープの得意分野である液晶がdynabookに加わるとどうなるか…。30周年に相応しいG(GZ)シリーズをご紹介します。
スポンサーリンク
13と14インチ

VAIO新製品パソコン「SX14」は2019年の目玉PCか!?

VAIOが新生活シーズンに狙いを定めて出してきた新型パソコン「SX14」。色々なパソコンを見慣れている販売員にとっても、それはとても魅力的なものでした。軽量しながら大画面という理想を実現した「SX14」をレビューします。
13インチ未満

VAIOのA12「Core i5-8200Y」でクリップスタジオの動作確認をしてみた

先日、ご紹介していたタブレット型2in1パソコン、「A12」を使って動作確認をしてみましたので、そのレポートを兼ねて記事にしたいと思います。 記事といっても、今回は動画がメインです。 クリップスタジオによる画像の加工編集は重...
Officeの記事

最新「office 2019」と2016の比較、Macでも使えるH&B

販売が1/22からに決まった「office 2019」。今まで使っていた2016と比べてなにが違うのか? Macでも使えるようになったって本当? 皆が気になる最新Officeの内容をまとめてみました。
製品情報

VAIOのBTO・各機種で選べる共通サービス解説

VAIOがSONYを離れて得たもの。それは実戦レベルで使いやすい機種と、それによる法人でのシェアでした。個人向けであっても、他社には見られない特徴は選択肢にも出ています。こちらでは、各機種に共通した選択肢を中心にご説明しています。
13インチ未満

VAIOのBTO・タブレット型2in1パソコン、A12価格と性能

去年の秋に「A12」が出てきた時には、値段が高すぎて、誰もが人気機種になるとは思っていませんでした。しかし実際に使って頂くと、実に使いやすかったのです。納期遅れが生じるほどの注文が入り続けた「A12」の魅力に迫ります。
スポンサーリンク